安倍総理はエストニア、ラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア及びルーマニア訪問、並びに日韓合意についての会見を行いました

2018年01月12日 

平成30年1月12日エストニア、ラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア及びルーマニア訪問、並びに日韓合意についての会見

平成30年1月12日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

総理は、エストニア、ラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア及びルーマニア訪問、並びに日韓合意について、次のように述べました。

「今回訪問する6か国は、日本の総理大臣が初めて訪問する国々となります。日本外交の幅を広げていくことになると思っています。首脳会談においては、北朝鮮の問題など国際社会が直面している喫緊の課題について連携を確認していきたいと思っています。また、今回の訪問には30社を超える経済ミッションの皆さんに同行してもらっています。それぞれの国々との経済関係を具体的に進展させていきたいと思います。
また、日韓合意については、日韓合意は国と国との約束です。これを守ることは国際的かつ普遍的な原則であります。韓国側が一方的に更なる措置を求めることはですね、そういうことは全く受け入れることはできません。日本側は約束したことは全て誠意をもって実行しています。韓国側にも実行するよう強く求め続けていきたいと思っています。」

関連動画

関連リンク

この企業のニュース