【累計510万部突破】普通の主婦がつくった日本一売れてるレシピ本!「syunkonカフェごはん」最新刊は、献立!4/7発売

2018年04月06日 


『syunkonカフェごはん めんどくさくない献立』(宝島社)

株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、「syunkonカフェごはん」シリーズの最新刊『syunkonカフェごはん めんどくさくない献立』を2018年4月7日(土)に発売します。


著者 山本ゆりさん

「syunkonカフェごはん」は、大阪府出身・在住の料理コラムニスト・山本ゆりの人気ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」をムック化したもので、累計発行部数510万部を超える大人気シリーズとなっています。


普通の主婦がつくったレシピ本は、特別な食材は使わずに、一般家庭にある食材や調味料で誰でも簡単に美味しくつくれる時短メニューが中心になっています。シリーズ8作目にあたる本誌は、主婦の悩み1位の「献立」をテーマに183のレシピを収録しています。
「鶏のどっさりねぎ塩だれ献立」メインと副菜のセットが簡単に作れる!
全国の20~40代の主婦を対象に実施した「料理に関するアンケート調査」(※)によると、専業主婦の悩みの1位は「毎日何をつくるか迷う」、有職主婦の悩み1位は「献立を考えるのが面倒」となっています。
「メインが決まっても副菜が決まらない」「給食やお昼とメニューが同じになる」「今夜何つくったらいいの~、めんどくさい」など、著者の山本さんのブログにも同様の悩みが多く寄せられたことから、今回、「献立」をテーマにしたレシピ本の制作に至りました。


今夜つくるものがすぐ見つかる「めんどくさくない献立」の使い方!

本誌は、「メイン」と「副菜」の組み合わせを多数収録し、「メイン」を選べば迷うことなく「副菜」もコーディネートできるように、レシピをセットで紹介しています。「副菜」に使う食材がない場合や食べ物の好き嫌いを考え、“代替案”や味覚別の“副菜カタログ”も収録し、自由に組み合わせが変更できるよう工夫されています。
「クリームシチューがおかずの日」問題も解決!

「クリームシチューやおでんはおかずになるのか」問題など、誰もが悩む「白いご飯にこれだけってのも…」に新しい献立を提案したり、「10分で完成するダッシュおかず」といった時短レシピや、お弁当にも使える「冷めても美味しいおかず」なども紹介。

一人暮らしをはじめたばかりの人や忙しい社会人にもお薦めの、「かゆいところに手が届く一冊」となっています。
ダッシュで2品!献立ってかんた~ん!
やる気のない日のは「レシピ以下レシピ」でサクっと!
著者 山本ゆりさん

【山本ゆり・プロフィール】
1986年5月、大阪府生まれ&在住。
結婚前は広告代理店の営業。
現在は主婦で、2児の母。
身近な材料で簡単にできる料理と、
個人的な話のブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」が人気に。
関西を中心にテレビ出演多数。


ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」
https://ameblo.jp/syunkon
※Twiter始めました!@syunkon0507


『syunkonカフェごはん めんどくさくない献立』(宝島社)

『syunkonカフェごはん めんどくさくない献立』
山本ゆり 著
発売日:2018年4月7日
定価:本体680円+税

この企業のニュース