専門店・物販店向けPOSシステム「ShopWorks7G」がパスポートリーダ接続対応。増え続ける訪日外国人の免税手続きを瞬時に処理!

2018年09月13日  東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社) 

東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 隆之)は、増え続ける訪日外国人の免税手続きを瞬時に処理できるShopWorks7Gパスポートリーダ接続対応をリリースしております。年々増加する訪日観光客は、東京オリンピックに向けて今後もますますの増加が見込まれます。それに加え、小売店では免税対象商品や下限額の広がりにより、免税対応を要するシーンが多くなっています。本ソリューションでは、パスポートリーダとPOSをダイレクトに接続することにより、会計と同時にパスポート情報を取得して免税書類を即時に作成し、業務の効率化を支援します。

東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 隆之)は、増え続ける訪日外国人の免税手続きを瞬時に処理できるShopWorks7Gパスポートリーダ接続対応をリリースしております。東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 隆之)は、増え続ける訪日外国人の免税手続きを瞬時に処理できるShopWorks7Gパスポートリーダ接続対応をリリースしております。

 

<開発の背景>

年々増加する訪日観光客は、東京オリンピックに向けて今後もますますの増加が見込まれます。それに加え、小売店では免税対象商品や下限額の広がりにより、免税対応を要するシーンが多くなっています。

現状の免税書類は、会計とは別に免税カウンターなどを設けて手書きや免税処理システムにより作成しております。しかし、手書きの場合は転記ミスや書いた内容が読めないなどの問題があり、免税処理システムにおいても、会計処理とは別に商品情報をあらためて入力しなければいけないため、手間がかかるという課題が残ります。

本対応により、POSシステムでの会計処理と同時にパスポート情報も読み込むことで、会計時に免税書類を瞬時に作成することを可能としました。 また、POSベンダーの強みを生かし、 POSシステムはもちろんのこと、免税機能に関しても導入から保守までトータルでサポートできることも特長の一つです。

 

 

<主な特長>

 

・パスポートリーダとPOSをダイレクトに接続することにより、会計と同時にパスポート情報を

取得し、免税書類を即時に作成できる。

 

・手書きでのミスや文字が読めないなどのリスクがなくなり、免税処理の時間も短縮。

大勢の訪日外国人が来店した際も免税対応が可能に。

 

・免税処理システムの新たな導入の必要がないため、教育時間の短縮ができる。

 

・免税カウンターなどを別途設ける必要がなく、作業人数の削減と省スペース化ができる。

 

 

 

 

<今後の予定>

2018年10月にバージョンアップを行い、一般物品と消耗品の合算による免税処理にも対応する予定です。



他の画像

配信企業情報

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

住所

神奈川県 横浜市中区山下町1番地 シルクセンター406 MAP
上場区分 -

業界