熊本地震の教訓を踏まえ、避難所運営の担い手育成研修及び実動訓練を実施(第2回目)

2017年10月13日 


( 平成29年度 )



( 資料提供 )

熊本地震の教訓を踏まえ、避難所運営の担い手育成研修及び実動訓練を実施(第2回目)


熊本地震の教訓を踏まえ、避難所運営の担い手育成研修及び
実動訓練を実施します!!(第2回目)

熊本地震では、避難所運営の混乱や災害関連死が課題となりました。
災害から生き延びた命がその後の避難生活で失われることがないように配慮した避難所運営が求められており、そのためには避難所運営を担う人材の育成が喫緊の課題となっています。
そこで、掛川市と日本財団の主催で、下記のとおり、第2回目の避難所運営の担い手育成を目的とした研修と実動訓練をセットで実施します。(参考:第1回目を6、7月に実施し65名が参加)
県としても、職員が当研修・訓練に参加するとともに、その成果等を「避難所運営マニュアル」の見直し等に反映する予定です。



1 開催日 座学研修:平成29年10月20日(金)、25日(水)
(両日とも9:30から16:30)
実動訓練:平成29年11月3日(金)14:00から4日(土)12:00
(1泊2日)
2 場 所 座学研修:掛川市役所4階会議室(掛川市長谷1-1-1)
実動訓練:掛川市南体育館「し~すぽ」(掛川市大渕14234-1)
3 主 催 掛川市、日本財団
4 後 援 静岡県
5 対 象 掛川市内の市民、県内の行政職員など70名(予定)
6 内 容 座学では講師による避難所運営の基礎を学ぶとともに、避難所のニーズ把握やレイアウト設計などの演習を行います。
実動訓練では実際に体育館で宿泊し、避難所運営上の課題を体感します。
7 その他 掛川市においても、各報道機関に情報提供しています。

○当研修・訓練についての問い合わせ
掛川市役所危機管理課防災対策係
担当:平井良宏、伊藤すみれ
電話:0537-21-1131


提供日 2017年10月13日
担 当 危機管理部 危機情報課
連絡先 情報班 TEL 054-221-2644


ページの先頭へ戻る

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら