横浜バンクカード会員向け優待サービス「ハマトク」を活用した神奈川県の「未病を改善する」取り組みとの連携について

2017年08月10日 

平成29年8月10日

横浜バンクカード会員向け優待サービス「ハマトク」を活用した
神奈川県の「未病を改善する」取り組みとの連携について


横浜銀行(代表取締役頭取 川村 健一)は、神奈川県による「未病を改善する」取り組みに協力するため、横浜バンクカード会員向け優待サービス「ハマトク」を通じて、「県西地域活性化プロジェクト」(※)(以下、「県西プロジェクト」という)との連携を開始しましたのでお知らせします。

「ハマトク」は、「YOKOHAMA 再発見」をコンセプトに、横浜バンクカード会員の皆さまが横浜市内および神奈川県内の飲食店や商業施設などで独自の割引や優待を受けられるサービスです。現在、約200店舗で利用ができます。

このたびの連携は、「ハマトク」ホームページで県西プロジェクトの取り組みや「未病を改善する」体験ができるスポットを紹介するほか、県西プロジェクトのホームページでも「ハマトク」の案内を掲載するなど、相互の集客を通じて神奈川県内の地域活性化をはかるものです。

横浜銀行は、今後も神奈川県が掲げる「未病を改善する」取り組みへの支援を通じて、地方創生に積極的に取り組んでいきます。

※「県西地域活性化プロジェクト」
神奈川県による取り組みで、豊富な地域資源を持つ神奈川県西地域を「未病の戦略的エリア」に位置づけ、「未病の改善」をキーワードに各地域の魅力をつなげて新たな価値を創出し、地域の活力を生み出すことを目的としています。

【「ハマトク」ホームページのイメージ】
【コンセプトロゴ「YOKOHAMA 再発見」】

※「ハマトク」の運営は、株式会社デジタルガレージ(代表取締役兼社長執行役員グループCEO 林 郁)がおこなっています。

以上

この企業のニュース