インバウンド促進に向けた「侍 ハラール弁当」試食会・意見交換会の開催について

2018年03月06日  宮城県庁 

インバウンド促進に向けた「侍 ハラール弁当」試食会・意見交換会の開催について

掲載日:2018年3月6日更新

このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年3月6日
宮城県大河原地方振興事務所
地方振興部 振興第二班
担当:千葉
電話:0224-53-3182(直通)

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け,今後さらに増加が見込まれる東南アジアを中心とするムスリム旅行者へ対応するため,宮城インバウンドDMOが地元飲食店と連携して制作・商品化したハラール弁当の試食及び意見交換を通し,仙南地域へのインバウンド誘客の促進と県が取組を進めているハラール対応食の普及促進を目的に,下記により試食会等を開催しますので,報道機関の皆様におかれましては,ぜひ取材いただきますようお願いします。

1 件名

「侍 ハラール弁当」試食会・意見交換会

2 日時

平成30年3月8日(木曜日) 12時00分~13時15分

3 場所

宮城県大河原合同庁舎別館1階 第一会議室 (柴田郡大河原町字南129-1)

4 主催

宮城県大河原地方振興事務所,(一社)宮城インバウンドDMO

5 内容

商品の内容・制作趣旨の説明,試食を通した意見交換,県実施「ハラール対応食普及促進事業」の概要説明 等

※「侍 ハラール弁当」の概要,お品書き等は下記をご覧ください。

6 制作者

(一社)宮城インバウンドDMO (伊具郡丸森町字下滝12)

まんま亭 楽(らん) (伊具郡丸森町字町東69)

7 参加者

仙南地域でインバウンドに取り組む民間団体,事業者,行政関係者等 約20名

8 報道機関の皆様へ

報道機関の方で試食を希望される際は,3月7日(水曜日)までに以下担当あてご連絡願います。

※ 参加費(お弁当代)として1,080円の負担をお願いします。

9 担当・問合せ先

宮城県大河原地方振興事務所地方振興部振興第二班 担当:千葉

TEL 0224-53-3182

【参考】主にハラール食対応が必要とされる訪日外国人延べ宿泊者数の推移(単位:人)

出典:宿泊旅行統計調査(観光庁) ※H29は速報値

「侍 ハラール弁当」の概要

ハラール認可の調味料や鶏肉を使い,アルコールや乳化剤を使用せずに,無添加の食材のみで調理しております。イスラム教の方の食習慣に則り調理しており,ムスリムの方でも安心して食べることができます。また,地元丸森産の食材を60%以上使用していることも特徴として挙げられます。精進料理をベースとし,地場の季節の食材の味を活かす和食の調理法を採用しながら,インドネシアのスパイシーソースを必要に応じて後掛け出来るよう,日本人・ムスリム双方に好まれる弁当になっております。

【「侍 ハラール弁当」の問い合わせ先】

伊具郡丸森町字下滝12 (一社)宮城インバウンドDMO 担当:齋藤 睦

TEL:0224-87-8081

担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。

このページを見ている人はこんなページも見ています

他の画像

配信企業情報

宮城県庁
上場区分 -