インドネシア・スラウェシ島地震・津波による災害への義援金について

2019/01/09  MS&ADインシュアランスグループホールディングス 株式会社 


2019年1月9日

インドネシア・スラウェシ島地震・津波による災害への義援金について

2018年9月28日に発生したインドネシア・スラウェシ島における地震と津波により、多数の死傷者が出たほか、甚大な被害が発生しました。被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO: 柄澤 康喜)は、被災地の方々の支援を目的にグループ各社の社員から義援金を募り、2,591名の社員から約298万円が集まりました。また、災害時義援金マッチングギフト制度により、社員からの義援金に対し同額を会社が拠出することで、総額約597万円をインドネシア赤十字社、ならびに特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームへ寄付しました。

また、上記金額のほか、インドネシアをはじめ、アジア地域の拠点からも義援金が寄せられ、各社のマッチングギフトを合わせて寄付を実施しました。

MS&ADインシュアランス グループは、今後も、グループ社員一丸となって社会貢献活動に努めてまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.ms-ad-hd.com/ja/news/news_topics/news_topics8441779934566959818/main/0/link/190109_gienkin_hd.pdf

関連業界

広告・メディア業界のニュース