東北メディカル・メガバンク機構、疾病罹患・生理機能低下と腸内細菌叢との関連性を明らかにする共同研究を開始

2018年04月12日  株式会社 ヤクルト本社 

2018 年 4 月 12 日
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
株式会社ヤクルト本社
国立研究開発法人日本医療研究開発機構

東北メディカル・メガバンク機構、
疾病罹患・生理機能低下と腸内細菌叢との
関連性を明らかにする共同研究を開始


【発表のポイント】

国立大学法人東北大学東北メディカル・メガバンク機構(機構長 山本 雅之、以下、ToMMo)と株式会社ヤクルト本社(社長 根岸 孝成、以下、ヤクルト)は、腸内細菌叢*1を標的とした新規の疾病予防法や治療法の創出、予防医学に基づく乳酸菌飲料および発酵乳の生理的意義を明らかにすることを目的とした共同研究を開始しましたのでお知らせします。

本研究では、東北メディカル・メガバンク計画*2が実施するコホート調査*3の参加者を対象に、腸内細菌叢の解析調査を 2018 年 4 月 1 日から開始しました。対象者は、ToMMo 地域支援白石センターにおける地域住民コホート調査または三世代コホート調査の詳細二次調査*4の成人参加者約 2,500 人であり、同意を得られれば、腸内細菌叢解析のための便サンプルの提供を依頼します。腸内細菌叢の解析結果を東北メディカル・メガバンク計画がもつ疾病罹患・生理機能情報、生活習慣情報と合わせて解析することにより、腸内細菌叢と種々の健康指標の関連を調べ、腸内細菌叢を標的とした新規の疾患予防法や治療法の創出、予防医学に基づく乳酸菌摂取の生理的意義を明らかにすることを目標としています。さらに、遺伝情報やオミックス情報*5などを含めた総合的な解析を行うことにより、東北メディカル・メガバンク計画が目指す「個別化予防」の基盤構築にも貢献します。

この共同研究は 2020 年度末までの期間を予定しており、得られたデータは、東北メディカル・メガバンク計画のバイオバンク*6に格納され、データ整理完了後、一定の期間を経て、全国の研究者に分譲され、個別化医療・個別化予防の研究に有効活用される予定です。

なお、本研究の詳細は別紙のとおりです。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.yakult.co.jp/news/file.php?type=release&id=152340596156.pdf

配信企業情報

株式会社 ヤクルト本社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区東新橋1-1-19 MAP
上場区分 東証1部

業界