富山県美術館等で勤務する学芸員を募集します!

2017年10月12日 


経営管理部 人事課
担当:経営管理部人事課 杉原、大蔵
電話:(直通)076-444-3162 (内線)3264

平成 29 年 10 月 12 日
富山県美術館等で勤務する学芸員を募集します!

富山県では、下記のとおり富山県美術館等で勤務する学芸員(美術)を募集いたします。

1 採用予定人数 1名 2 応募資格

次のすべてに該当する方 ア 昭和57年4月2日以降に生まれた者 イ 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)若しくは大学院において、美術関係の学科
若しくは専攻を卒業若しくは修了した者
ウ 博物館法(昭和26年法律285号)第5条の規定による学芸員資格を有する者
エ 学校教育法に基づく大学、博物館法第2条第1項の規定による博物館(博物館類似施設
を含む)または類似の文化施設に勤務し、美術を主体とした業務に従事した経験が2年以 上ある者
※詳細は、試験実施要綱参照 3 受付期間

平成29年10月13日(金)~11月9日(木)

4 申込方法
次の書類を同封し、封筒に「学芸員(美術)採用選考試験申込書在中」と朱書きのうえ、受付期間内に富山県経営管理部人事課に提出してください。

富山県学芸員(美術)採用選考試験申込書(指定様式)

1通
イ 自筆の履歴書
(市販のJIS規格の用紙で免許・資格等を記入する欄のあるもの)
1通
ウ 最近3ケ月以内に撮影した写真
(イの履歴書に貼付のこと)

1枚
エ 学芸員資格の取得を証明する書類
1通
オ 卒業(修了)証明書
1通
カ 成績証明書
1通
キ 研究実績(発表を含む)及び調査歴、実務歴等に関する経歴書(様式任意)
1通
5 採用予定時期
平成30年4月1日

6 試験実施要綱等
県人事課ホームページからダウンロードできます。(10月13日から)
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1104/
7 問い合わせ先 富山県経営管理部人事課人事係 TEL 076-444-3162
News Release


平成29年度富山県学芸員(美術)採用選考試験実施要綱

平成29年10月13日

1 採用予定人数 1名程度

2 受験資格
(1) 次のすべてに該当する方が受験できます。
ア 昭和57年4月2日以降に生まれた者

イ 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)若しくは大学院において、美術関係の学科
若しくは専攻を卒業若しくは修了した者

ウ 博物館法(昭和26年法律285号)第5条の規定による学芸員資格を有する者

エ 学校教育法に基づく大学、博物館法第2条第1項の規定による博物館(博物館類似施設を
含む)または類似の文化施設に勤務し、美術を主体とした業務に従事した経験が2年以上ある者
(注)最終合格決定後、実務経験確認のため職歴証明書を提出していただきます。

(2) 次のいずれかに該当する方は受験できません。
ア 日本の国籍を有しない者

イ 成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)

ウ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなる
までの者

エ 富山県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

オ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊
することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3 試験の日時等 1次試験:平成29年11月22日(水)<富山県民会館>

(時間、会場は申込者に別途連絡します)

2次試験:平成29年12月中旬を予定(1 次試験合格者に別途連絡します。)
4 試験の方法及び内容
(1) 1次試験

①教養試験 一般的知識及び知能についての択一式による試験
②専門試験 学芸員としての専門的知識及び能力についての試験

<出題分野>

博物館概論、博物館経営論、博物館資料論、博物館資料保存論、博物館展示
論、博物館情報・メディア論、生涯学習概論、博物館教育論、美術史、美学、芸術学
③適性検査 素質、適性に関する検査
(2) 2次試験 主として人柄等についての個別面接による試験
5 採用予定時期 平成30年4月1日

6 勤 務 予 定 先 富山県美術館 等

7 主な職務内容
①美術品の保管・調査
②展覧会の企画・実施
③美術の教育・普及 等


8 給与
(1) 初任給 194,700円(大学を卒業して、2年間の実務経験を積んだ者)

初任給は経歴等により前記以外になることがあります。

(2) 諸手当

期末・勤勉手当、扶養手当、住居手当、通勤手当等が支給されます。
9 申し込み手続き
(1) 申込先及び問い合わせ先

930‐8501 富山市新総曲輪1番7号 富山県経営管理部人事課人事係

076-444-3162

(2) 申し込み方法

次の書類を同封し、封筒に「学芸員(美術)採用選考試験申込書在中」と朱書きのう
え、受付期間内に富山県経営管理部人事課に提出してください。
ア 富山県学芸員(美術)採用選考試験申込書(別紙様式)
1通
イ 自筆の履歴書(市販のJIS規格の用紙で免許・資格等を記入する欄のあるもの)1通

ウ 最近3ヶ月以内に撮影した写真(イの履歴書に貼付のこと) 1枚

エ 学芸員資格の取得を証明する書類 1通

オ 卒業(修了)証明書 1通 カ 成績証明書 1通

キ 研究実績(発表を含む)及び調査歴、実務歴等に関する経歴書(注) 1通

(注)別紙の様式例に従い、必要な項目について経歴書を作成の上、提出してください
(様式任意、A4縦長横書)。

(3) 受付期間
平成29年10月13日(金)から平成29年11月9日(木)まで(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)。なお、郵送による申し込みは、
平成29年11月9日(木)までの消印のあ
るものに限ります。

※受付期間終了後、申込者へ受験番号を記載した通知を送付します。なお、平成29年
11月16日(木)までに通知が届かない場合は、平成29年11月17日(金)午後5時までに富山県経営管理部人事課人事係に問い合わせて確認してください。
10 最終合格発表 平成30年1月下旬(予定)に受験者に書面で通知します。

11 試験結果の開示 この採用試験の結果については、富山県個人情報保護条例第
25 条の規定により、口頭で開示
を請求することができます。

なお、電話、はがき等による請求はできませんので、受験者本人が本人であることを証明す
る書類(運転免許証、旅券、学生証など写真付きの証明書)を持参のうえ、午前
8 時 30 分から
午後
5 時 15 分までの間に富山県庁人事課に直接おいでください。
(ただし、土曜日、日曜日及び祝日は受け付けません。)
○開示請求できる者 受験者本人
○開示内容 総合得点及び順位
○開示期間 合格発表の日から1か月間
○開示場所 富山県経営管理部人事課


富山県学芸員(美術)採用選考試験申込書
試験区分 学芸員(美術)
ふりがな
性 別
氏 名

・ 女

(該当するものに
○)
生年月日 (年齢)
昭和
年 月 日生 (平成 30 年 4 月 1 日現在 平成 満 歳)

現住所
(〒 ― )
TEL 携帯
資格名
取得年月
学芸員資格
年 月
富山県学芸員(美術)採用選考試験を受験したいので、以上のとおり申し込みます。
なお、私は次の各号のいずれにも該当しておりません。また、この申込書のすべての記載
事項は事実と相違ありません。
(1)

日本の国籍を有しない者
(2)

成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む。)
(3)

禁錮

以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくな
るまでの者
(4)

富山県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
(5)

日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破
壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
平成 年 月 日 氏 名(署名)
(注意)
1.最後の欄には必ず受験者本人の自筆で申込年月日及び氏名を記入してください。
2.記載事項に不正があると採用される資格を失うことがあります。
3.記入は、黒か青のインク又はボールペンではっきり記入してください。



別紙
研究実績(発表を含む)及び調査歴、実務歴等に関する経歴書
( 氏 名 )? 1 研究実績
①論文等名称(著書・研究報告書等)
②作成年月日
③所収先
④その他 2 調査歴
①調査の名称
②調査主体
③調査責任者の職・氏名
④調査期間
⑤参画の形態(主任調査員、調査員、調査補助員等)
⑥調査内容 ※調査歴は、大学単独及び研究団体の調査、大学等による科学研究費の調査等を指す。 調査内容については、調査報告書があれば、その名称。執筆部分があれば、その内容につ
いても簡潔に触れてください。
3 実務歴
①博物館等名称
②実務内容
③実施期間 ※職歴(勤務場所及び勤務期間)は履歴書の職歴欄に記載し、本実務歴には直接携わった具体
的な実務内容(例:展覧会の企画、美術の教育普及)についてのみ記載してください。

この企業のニュース