クラウドエースとセゾン情報システムズ、データ連携ミドルウェア「DataSpider」の Google Cloud Platform(TM) との専用接続アダプタを共同開発

2018年11月08日  クラウドエース 株式会社 

~優れたクラウドサービスを現場主導で素早く採用し、ビジネスの競争力強化に貢献~


PRESS RELEASE
報道関係者各位




2018年11月8日                           
クラウドエース株式会社
株式会社セゾン情報システムズ

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下「セゾン情報システムズ」)と、クラウドエース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:青木 誠、以下「クラウドエース」)は、データ連携ミドルウェア「DataSpider Servista(以下、DataSpider)」の「 Google Cloud Platform (以下、 GCP™ )」との専用接続アダプタを両社の協力により共同開発することを発表いたします。

共同開発する接続アダプタにより、企業での利用拡大が見込まれる GCP が、「DataSpider」から接続可能になり、プログラムコードを書くことなく、 GCP と多種多様なシステムやデータの連携処理の作成が可能となります。これにより、企業におけるクラウドサービスの活用がビジネスの現場主導で実現できます。

両社では、まず第一弾の成果物として「 Google BigQuery™ 」、「 Google Cloud Storage™ 」との接続アダプタをリリースする予定です。

■企業ITシステムでのクラウドの活用を現実的に進めるためには
近年、企業ITシステムでのクラウドの活用はもはや当たり前となってきました。今後は、現在よりもさらに様々なクラウドサービスが登場し、それらをうまく活用できるかどうかも、企業の競争力を左右する時代となってきます。
現在、 Google がクラウド上で提供する GCP の企業での利用拡大が見込まれています。とりわけ、GCP が提供するビッグデータ分析サービス「 Google BigQuery 」は、大量のデータに対する様々な問い合わせに対しても安定して数秒で処理結果を返し、データを一度読み込ませれば、管理の手間もほぼ不要であるなど、類似の他サービスよりも優れた使いやすいサービスとして活用を検討する企業が増えつつあります。

しかしながら、実ビジネスにおいてクラウドサービスの活用を実現するとなると、現実的な様々な課題に直面します。分析を行うためには、データの準備が重要となり、様々なシステムにあるデータを収集してデータの形式をそろえ、クラウドサービスに読み込ませる仕組みを用意する必要があります。また、分析結果を活用するにあたっても、他システムへの連携処理が必要になることがあります。

さらには、既に活用を進めている他のクラウドサービスでの取り組みを生かしつつ、その上で「 Google BigQuery 」の優れた機能をうまく組み合わせて活用することなど、既存のクラウドサービスの活用との両立が求められる場合があります。すなわち、複数のクラウドを組み合わせて活用することが、ビジネスの競争力を強化するための前提条件となってきました。

■クラウドサービスそのものの活用、および外部との連携処理の実現
クラウドエースは、 GCP の導入・運用支援サービスで長年の実績があり、国内トップクラスの導入実績を持つ当該分野を代表する企業の一つです。また、セゾン情報システムズの 「DataSpider」は、2001年の発売以来長年にわたり、メインフレームからクラウドサービスまで多種多様な企業システムやサービスを、GUI上でプログラムコードを書くことなく柔軟かつ迅速につなぐソフトウェアとして提供してまいりました。

今回、 GCP の導入・運用支援サービスでトップクラスの実績を持つクラウドエースと、企業システムを「つなぐ」技術でトップクラスの実績を持つセゾン情報システムズの両社の強みを組み合わせることで、クラウドサービスの活用そのものについて、また、導入と活用にあたって必要となる外部との連携処理の実現の両面において、企業のクラウド活用を支える最適なサービスを実現する協力体制を整えました。



■今後の取り組みについて
現在両社では、「 Google BigQuery 」、「 Google Cloud Storage 」との接続アダプタのリリースに向けた開発、仕様の検討と検証に取り組んでおり、GUIだけでコードを書くことなく、ビッグデータ分析サービス「 Google BigQuery 」が現場主導で活用できる環境を整備します。
また、 GCP の導入・運用支援サービスにおいて、システム構築と運用のみならず、顧客のクラウド活用を支援するサービスにも取り組みます。
今後、ビジネスに求められる変化の速度がさらに大きくなり、日々新たなクラウドサービスやIT活用領域が生まれる中、様々なシステムやデータ、様々なクラウドとの連携処理の実現能力は、ますます重要になります。両社では引き続き、企業のクラウド活用を支援し、クラウドの活用がビジネスの成果を生むよう、さらなる取り組みを進めてまいります。


■「DataSpider Servista」について 
(製品詳細URL:https://www.hulft.com/software/dataspider
「DataSpider Servista」は、国内外累積導入社数 3000社以上(2018年6月末現在)、5年連続顧客満足度No.1(※)のデータ連携ソフトウェアです。洗練されたGUI開発環境を提供することで、コーディングを必要とせず、すばやく簡単に「つなぐ」ことができます。クラウドやオンプレミス、ERPシステム、データベース上の様々なタイプのデータを手軽に接続できるアダプタを介して、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。
※ 2018年6月 (日経BPコンサルティング調べ EAIソフトウェア)

■クラウドエース株式会社について
本社:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12F 1239
設立:2016年11月01日
代表者:青木 誠(代表取締役社長)
資本金:3億150万円
事業内容:Google Cloud Platform トータルサポートサービス「クラウドエース」の運用・コンサルティングサービス
URL:https://www.cloud-ace.jp/

■株式会社セゾン情報システムズ について
本社:〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 19F
設立:1970年9月1日
代表者:内田 和弘(代表取締役社長)
資本金:13億67百万円
事業内容:Fintechプラットフォーム事業、流通ITサービス事業、HULFT事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL:http://home.saison.co.jp/
商標関連
・Google Cloud Platform および GCP、Google BigQuery、Google Cloud Storage、Google Data Studio は、Google LLC の商標または登録商標です。
・「DataSpider」および「DataSpider Servista」は株式会社アプレッソの登録商標または商標です。
・本リリースに記載されている会社名/製品名/サービス名は、当社または各社/各団体の商標もしくは登録商標です。
リリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

<報道関係者様からのお問い合わせ先>
クラウドエース株式会社
事業企画部マーケティンググループ:稲生
TEL: 080-3668-5775
E-mail:ino@cloud-ace.jp

<報道関係者様からのお問い合わせ先>
株式会社セゾン情報システムズ
広報担当:豊田・横井
TEL: 03-6370-2930
E-mail:kikaku@saison.co.jp

<DataSpiderに関するお問い合わせ先>
株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部マーケティング部:岡崎
TEL: 050-3199-2639
E-mail:info@hulft.com

他の画像

配信企業情報

クラウドエース 株式会社

住所

東京都千代田区大手町2丁目6-2日本ビルヂング12階 MAP
上場区分 -

業界