国内最大級 75MW級バイオマス専焼発電設備を受注

2018年03月29日  住友重機械工業 株式会社 

お知らせ 2017年度
製品 国内最大級 75MW級バイオマス専焼発電設備を受注

2018年03月30日

住友重機械工業株式会社(社長:別川俊介)は、西日本プラント工業株式会社(代表取締役社長 平田宗充)より、75MW級バイオマス専焼発電設備を受注しました。

本設備は、九電みらいエナジー株式会社(代表取締役社長 穐山泰治)、西日本プラント工業株式会社と九電産業株式会社(代表取締役社長 吉迫徹)の九州電力グループ企業3社が共同で設立した下関バイオマスエナジー合同会社(社長 寺﨑正勝)が計画する木質バイオマス発電所(建設予定地:山口県下関市)に納入するもので、木質ペレットやパーム椰子殻を主燃料とし、再熱方式(※1)を採用した非常に高効率なバイオマス専焼発電設備です。当社は、本発電所のEPC(設計・調達・建設)を行う西日本プラント工業株式会社に対して、循環流動層ボイラ(CFBボイラ)およびタービン設備等一式を提供いたします。

今回の発電設備は、当社グループが国内外で490缶以上(※2)の実績を持つ「循環流動層(CFB)ボイラ」を採用しており、同ボイラを用いたバイオマス専焼発電設備としては、国内最大級となります。当社の循環流動層(CFB)ボイラは、同発電規模において、高効率バイオマス発電の分野では圧倒的なシェアを得ており、この実績が評価され今回の採用に至りました。

当社は、バイオマス燃料や低品位燃料を有効活用して高効率に燃焼する信頼性の高い小型から大型の発電設備により、再生可能エネルギーでの発電において、低炭素社会化、地球温暖化対策に貢献していきます。

  • 設備の概要

ボイラ形式 :循環流動層(CFB)ボイラ(再熱方式)
発電端出力 :74,980kW
発電方式 :蒸気タービン式
運転開始予定:2022年1月

(※1) 再熱方式:蒸気タービンにて膨張した蒸気を再度ボイラヘ送り、再加熱後に再び 蒸気タービンへと送り込むことで高効率発電を可能とする技術。
(※2) 当社グループ:住友重機械工業株式会社および子会社Sumitomo SHI FW(SFW)。
本値は当社グループおよびSFWのCFB技術供与先(ライセンシー)の実績を含む。

配信企業情報

住友重機械工業 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都品川区大崎2-1-1ThinkPark Tower MAP
上場区分 東証1部

業界