2017年ゲオ年間レンタルコミック・新刊本売上ランキング - レンタルコミックは「進撃の巨人」、新刊単行本は「うんこ漢字ドリル」が人気

2017年12月06日 

2017年ゲオ年間レンタルコミック・新刊本売上ランキング
レンタルコミックは「進撃の巨人」、新刊単行本は「うんこ漢字ドリル」が人気

2017.12.06

株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、2017年1月1日から11月30日まで、全国のゲオショップのレンタルコミック貸出数と新刊本販売数を集計し、ランキング化しました。なお、調査対象となる店舗数は、新刊本が約110店舗、レンタルコミックが約900店舗です。

レンタルコミック総合ランキングでは、「進撃の巨人(21)」が1 位でした。同作品は総合トップ10に3巻、少年コミックランキングトップ10 では6巻がランクインしています。少女コミックランキングは、「PとJK(8)」がトップで、同作品は10位以内に3巻がランクインしました。また、2位は、「モトカレ←リトライ(6)」でした。

新刊単行本ランキングでは、「日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学1年生」が1位で、同シリーズがトップ10のうち5タイトルを占めました。新刊雑誌ランキングでは、コロコロコミックが1位から10位を独占、新刊コミックランキングでは「ONE PIECE」が1 位から4 位を独占しました。

【レンタルコミック】部門

■レンタルコミック総合ランキング
順位 タイトル 作者
1 進撃の巨人(21) 諫山創
2 キングダム(45) 原泰久
3 進撃の巨人(22) 諫山創

※3位以下はPDFをご覧ください

■レンタル 少年コミックランキング
順位 タイトル 作者
1 進撃の巨人(21) 諫山創
2 進撃の巨人(22) 諫山創
3 進撃の巨人(20) 諫山創

※3位以下はPDFをご覧ください

■レンタル 少女コミックランキング
順位 タイトル 作者
1 PとJK(8) 三次マキ
2 モトカレ←リトライ(6) 華谷艶
3 思い、思われ、ふり、ふられ(4) 咲坂伊緒

※3位以下はPDFをご覧ください

■レンタル 大判コミックランキング
順位 タイトル 作者
1 キングダム(45) 原泰久
2 キングダム(46) 原泰久
3 キングダム(44) 原泰久

※3位以下はPDFをご覧ください

■ゲオバイヤーコメント

大型タイトルの「進撃の巨人」「キングダム」「ワンピース」がヒットし、最新刊がリリースされるたびにシリーズ全体のレンタル数が増え、売上に大きく貢献しました。また、実写映画化の原作コミックが劇場公開時期にレンタル数を大きく伸ばし、「東京喰種トーキョーグール:re」「亜人」「PとJK」は大ヒットとなりました。そのほか、アニメ化の原作コミックでは、「ワンパンマン」「七つの大罪」「いぬやしき」など、メディア露出により関心が高まった作品が売上を牽引しています。レンタルコミックは商品のほぼ全てがシリーズ作品で構成されているという特性があり、ヒット作が一つ生まれるとシリーズ全体の需要が高まり、その後リリースされる最新刊のレンタル数が飛躍的に伸びるため、今後も実写化・アニメ化されるタイトルに注目しています。

(株式会社 ゲオ メディア商品部 メディア商品課1課 平野 尚輝)

【新刊本部門】


■新刊雑誌 売上ランキング?
順位 タイトル 発売日
1 コロコロコミック 4月15日
2 コロコロコミック 8月15日
3 コロコロコミック 5月15日

※3位以下はPDFをご覧ください

■新刊コミック ランキング
順位 タイトル 作者
1 ONE PIECE(84) 尾田栄一郎
2 ONE PIECE(85) 尾田栄一郎
3 ONE PIECE(86) 尾田栄一郎

※3位以下はPDFをご覧ください

■新刊単行本 ランキング
順位 タイトル 作者
1 日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生 文響社(編集)?
2 日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学2年生 文響社(編集)
3 日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学3年生 文響社(編集)?

※3位以下はPDFをご覧ください

■新刊新書本 ランキング
順位 タイトル 作者
1 結物語 西尾維新
2 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 ケント・ギルバート
3 忍物語 西尾維新

※3位以下はPDFをご覧ください

■新刊文庫本 ランキング
順位 タイトル 作者
1 君の膵臓をたべたい 住野よる
2 リバース 湊かなえ
3 ソードアート・オンライン(19) 川原礫
ムーン・クレイドル

※3位以下はPDFをご覧ください

■ゲオバイヤーコメント

3月に文響社より発売された「日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル」が空前の大ヒットとなり、6タイトル合計で18,000冊を販売。全国的には累計279万部に達しています。文庫部門では、昨年の「小説 君の名は。」に代わり今年映画が大ヒットした「君の膵臓をたべたい」が大きく販売を伸ばし、ダントツの1位となって文庫の売上を牽引しました。また、映画原作本が、トップ10のうち7タイトルを占め、上半期の5タイトルに続き、ゲオならではの結果となっています。そのほか、今年は攻略本にも注力し、7月発売の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」、11月発売の「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」は、通常本を取り扱っていない店舗にも導入を行い、好調に推移しています。コミック部門では、大型タイトルの「ワンピース」が販売好調で、上半期の集英社コミックス販売実績は、全国前年比を10%上回る結果となっています。

(株式会社 ゲオ メディア商品部 メディア商品課3課 近藤 健一)

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 総合企画部 広報課
担当:芝田 TEL:03-5911-5784

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe(R) Reader(R) 」プラグインが必要です。

この企業のニュース