集団インフルエンザ様疾患発生速報【第9報】

2018年12月07日  和歌山県庁 

公開日 12月7日
集団インフルエンザ様疾患発生速報【第9報】
連絡先 福祉保健部 健康局 健康推進課
担当者 太田・並川
電話 073-441-2657
FAX --
E-mail
集団インフルエンザ様疾患発生速報【第9報】
平成30年12月6日 15時00分現在

本日の閉鎖措置施設数: 1施設
学校閉鎖: 0施設
学年閉鎖: 1施設
学級閉鎖: 0施設

閉鎖措置期間を延長した施設数:0施設
学校閉鎖: 0施設
学年閉鎖: 0施設
学級閉鎖: 0施設

インフルエンザについて
インフルエンザウイルスは非常に感染力が強く、集団生活の場所であれば多くの人が急速に感染する可能性があります。
潜伏期間(通常1日~3日)のあと発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、などを伴う全身症状がまず見られ、鼻づまり、咽頭痛、咳などの呼吸器症状はその後に出現することが多く、合併症がなければ、通常1週間程度で軽快することがほとんどです。
なお、高齢者や慢性の心・肺・腎疾患や代謝疾患がある人や妊婦、乳幼児については重篤になることがあるので注意してください。

予防方法
・予防接種を受ける。(効果が現れるまで2週間ほどかかります。)
・外から帰ったら、手洗いをする。
・食事をバランス良くとる、休養・睡眠を十分にとるなど普段から体調を整える。
・加湿器などで適切な湿度を保つ。
・症状のある方は、医療機関を受診し、他の方への感染防止のため、「咳エチケット」を心がける。

「咳エチケット」とは?
○咳・くしゃみの際には、ティッシュで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけましょう。
○使用後のティッシュは、すぐにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。
○症状のある人はマスクを正しく着用し、感染拡大防止に努めましょう。

配信企業情報

和歌山県庁
上場区分 -