軒ゼロ住宅のリスク“暴風雨や結露による漏水事故”を防ぐ「軒ゼロ用妻側通気見切」を発売!

2019/08/20  株式会社 トーコー 

棟換気総合メーカーの株式会社トーコー(本社奈良県生駒市代表取締役社長 西田敏典)は、軒ゼロ住宅の妻側外壁通気における排気部材「軒ゼロ用 妻側通気見切」(特許出願中)を令和元年8月26日より生産・販売を開始します



【開発の背景】
シンプルな外観、狭小地でも居住空間が取りやすい軒ゼロ住宅は、近年都市部において人気が高く増加傾向の住宅スタイルです。
しかし、軒が無い軒ゼロ住宅は、暴風雨による雨漏れや外壁内での結露という漏水リスクが高いという問題を抱えていました。当社はこの問題を解消するために、軒ゼロ住宅のシンプルな外観をそのままに、暴風雨でも雨の浸入を防ぎ、妻側外壁内の湿気を外壁上部で排気することで外壁内での結露を防ぐ、軒ゼロ住宅専用の通気見切り部材「軒ゼロ用妻側通気見切」を開発しました。


【三つの特長】

1.すっきり妻側デザインに対応の超コンパクト設計
本体側面部にある丸形状の開口(サイドサークル構造)により超コンパクト設計を可能にしました。(特許出願中)超コンパクト設計により、ケラバ役物にスッポリ隠れ、軒ゼロ住宅のすっきり妻側デザインを損なうことなく部材を設置できます。

2.暴風雨にも安心な防水性能
散水量4L/min(時間当たり降水量240mm)、風速30m/Sという自然条件下では発生しないレベルの暴風雨を動風圧試験にて再現し、暴風雨時にも壁内へ雨水を浸入させない、安心の防水性能を確認しています。

3.機能を絞り込んだ高いコストパフォーマンス性
当製品は軒ゼロ住宅の外壁通気工法における妻側通気専用部材として開発しました。
暴風雨でも雨を入れない、外壁内の湿気を排気して結露を防ぐ、すっきり妻側デザインを損なわない、という三つだけに機能絞り込むことで高いコストパフォーマンス性を実現しました。※本製品は外壁通気層内の湿気を排気する専用部材であり、小屋裏内の給排気を行う軒先給排気部材ではありません。

【製品仕様】

<本体>







<ジョイント>






<エンドキャップ>





<自在コーナー>





※当商品はケース単位での商品出荷とさせていただきます。

他の画像

関連業界