『金融ITフォーカス』2018年3月号

2018年03月05日  株式会社 野村総合研究所 

金融ITフォーカス

金融ビジネスの最新トレンドについて市場環境、金融機関経営、業務改革などの観点からトピックを提供

金融分野の定量分析を専門とするクォンツ人材とITソリューションの開発を専門とするシステムコンサルティング人材が相互に連携して、金融・証券ビジネスの視点に重きを置いたトピックスをメッセージの形でお伝えする月刊誌です。

    発行時期 : 毎月5日発行(原則)
    誌型 : A4版・16ページ(通常)

メールマガジン「NRI金融ITイノベーション研究部 新着情報メール配信サービス」を2009年12月より開始しました。ご希望の方は、以下のボタンからご登録ください。

メールマガジンを申し込む

最新刊

2018年3月号

アングル

多頻度ゴルフ経営者の“通信簿”

金融×IT対談

ケネディクス株式会社 宮島 大祐氏×株式会社野村総合研究所 立松 博史(1.06MB)

アセットマネジメント

目論見書管理業務の効率化が期待できる共通プラットフォーム(877KB)

古賀 智子

投信業界では更なる効率化への意識が高まっている。1社では改善されにくい課題の一つが目論見書の印刷物に係る業務だ。投信会社と販売会社間での必要部数等のやりとりなど、多対多の情報交換業務に労力がかかっている。改善にむけ、関係会社皆が参加するプラットフォームが望まれる。業態を超えて共に検討する時期にきているのではないか。

リテールビジネス1

個人の資産運用への影響力を高める確定拠出年金(938KB)

金子 久

確定拠出年金はそれを利用する人の資産運用に対する考え方に影響を与えている。確定拠出年金の利用者と運用残高の着実な拡大が予想されるなか、同制度以外の資産運用サービスにおいても、長期運用の視点が求められるようになるはずだ。

リテールビジネス2

金融サービス化するポイントプログラム(891KB)

冨田 勝己

近年のポイントプログラムでは、ポイントの利息や運用などの擬似的な金融サービスに加えて、証券口座への振込までもが提供されるようになってきている。顧客満足と自社経済圏強化を両立させる施策として、導入が今後広まっていく可能性が高い。

デジタルイノベーション

米国におけるオンライン・レンダーの動向(860KB)

嶋村 武史

優れたUI・UXや革新的な与信モデルを売りに米国においてオンライン・レンダーの融資額が急拡大している。与信モデルについては批判もあるが、外部との提携等を通じて改善する動きが見られる。更に、本業で獲得した情報を転用して融資事業を行う新しいレンダーの動きも注目を集めている。

中国金融市場

中国におけるインターネット金融とFinTechのリスク防止(922KB)

神宮 健

2018年も、中国政府は金融リスク防止を重視している。インターネット金融・FinTech分野の取締りや改善策でも、今年は一定の成果が出ると期待される。また、個人情報保護にも注目が集まり始めた。

書籍紹介

『金融政策の全論点:日銀審議委員5年間の記録』『マイナンバー利用本格化で変わる金融取引』『頑張れ、日本のデジタル革命-社長が知らないITの真相2-』『ITナビゲーター 2018年版』(896KMB)

統計でみる潮流

統計でみる潮流(730KB)

数理の窓

宇宙は可逆か不可逆か?(665KB)

外園 康智

本文はPDFファイルで収録しております。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

バックナンバー

2004年から現在までのバックナンバーをご覧いただけます。

年を選択
月を選択

発行形式

発行時期 毎月5日発行(原則)
誌型 A4版・16ページ(通常)
購読形態 販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局

E-mail: focus@nri.co.jp

※当サイト及びそのコンテンツに関する著作権は、特段の記載がない限り、株式会社野村総合研究所に帰属します。

他の画像

配信企業情報

株式会社 野村総合研究所東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都千代田区大手町1-9-2大手町フィナンシャルシティグランキューブ MAP
上場区分 東証1部

業界