土木工事設計材料単価表の平成30年3月1日の改定に関してお知らせします

2018年03月01日  宮崎県庁 

更新日:2018年3月1日

土木工事設計材料単価表の改定について

土木工事設計材料単価表が平成30年3月1日に改定されました。また、労務単価等について、平成30年3月より改定されております。詳細については「宮崎県公共事業情報サービス」をご覧ください。

  • 宮崎県県民情報センターにおいては、貸し出し、閲覧、複写が可能で、県土整備部各出先機関においては閲覧のみ可能となっております。
  • 私的利用のための複製や引用など著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。
  • 「土木工事設計材料単価表の改定について」のホームページに掲載されている内容は著作権の対象となっています。詳細は「宮崎県ホームページのご利用について」を参照して下さい。

土木工事設計材料単価表

土木工事設計材料単価表について

  1. 「土木工事設計材料単価表」は、宮崎県県土整備部が発注する土木工事の積算に用いる材料単価のうち、宮崎県県土整備部が独自の調査に基づき定めた材料単価の一覧表です。
  2. 土木工事及び地質調査の市場単価及び土木工事標準単価については、(一財)建設物価調査会発行の季刊「土木コスト情報」及び(一財)経済調査会発行の季刊「土木施工単価」のは秋季号の平均値を採用しています。なお、1円未満の端数が生じる場合は切り捨て処理を行なっています。
  3. この資料の中で取引事例の少ない材料については、適正な価格が調査できないため空欄になっています。また、(一財)経済調査会発行の「積算資料電子版」及び(一財)建設物価調査会発行の「WEB建設物価」に掲載されている単価については、平均値を採用(一方の資料にしか掲載のない場合は、その価格を採用。)しており、単価欄を「*」で表示しています。なお、1円未満の端数が生じる場合は切り捨て処理を行なっています。
  4. この単価表は、全部又は一部について、第三者による複製(個人使用以外の大量複製)、転載、販売、配付を禁じています。

平成29年度土木工事設計材料単価表

(参考)平成28年度土木工事設計材料単価表

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

配信企業情報

宮崎県庁
上場区分 -