生まれてくる赤ちゃんを守るために、風しん抗体検査キャンペーン第2弾を行います

2019/01/09  大阪府庁 

生まれてくる赤ちゃんを守るために、風しん抗体検査キャンペーン第2弾を行います

2月4日は風しんの日。キャンペーンを活用して、自分の抗体価を知りましょう!

代表連絡先 健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9157
メールアドレス:iryotaisaku-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年1月9日

提供時間

14時0分

内容

全国において風しん患者が急増しており、2018年に報告された患者数は12月19日時点で累計2,713人と、前年の約29倍に達しています。大阪府でも患者数が増加しており、12月25日時点の報告患者数は累計116人と、前年の約11倍となっています。
風しんは免疫がない人が妊娠初期に感染すると白内障、心疾患、難聴などの障がいがある赤ちゃん(先天性風しん症候群)が生まれる可能性があります。

大阪府では、府保健所において、先天性風しん症候群対策として、月2回程度、平日の日中に風しん抗体検査を行っています。対策をより一層進めるため、12月の土曜日に緊急キャンペーンを行いましたが、まだ多くの府民から受検の希望があることから、2月4日の風しんの日にあわせ、2月にキャンペーン第2弾を行います。
今回は、府内11か所の府保健所で、2月4日(月曜日)、5日(火曜日)、6日(水曜日)の午後6時から午後7時45分の夜間と、9日(土曜日)、16日(土曜日)に行い、平日に検査を受けにくい方などに加え、平日の夜間が都合の良い方にも受けていただけるようにしています。


なお、大阪市、堺市、東大阪市、高槻市、豊中市、枚方市及び八尾市にお住まいの方は、各市のホームページ等でご確認ください。

<大阪府保健所風しん抗体検査キャンペーンについて>
(1)日程
平成31年2月4日(月曜日)・5日(火曜日)・6日(水曜日)の午後6時から午後7時45分まで
平成31年2月9日(土曜日)・16日(土曜日)
※時間、場所は下記の「生まれてくる赤ちゃんを守るため緊急の風しん抗体検査キャンペーン第2弾」をご確認ください。
(2)対象者
・妊娠を希望する女性 ・妊娠を希望する女性の配偶者 ・妊娠をしている女性の配偶者
(3)申込み方法
お住まいの住所を所管する保健所(開庁時間(平日午前9時から午後5時45分))に必ず電話で予約してください。
予約がない方は、受検することができません。
(4)注意事項
・対象となる方には要件があり、検査当日にご持参いただくものもあります。
お住まいの住所を所管する保健所に事前に電話でご確認ください。
・定員(平日夜間は1保健所各日20人、土曜日は1保健所各日40人)になり次第、予約が終了となりますので、ご了承ください。

関連ホームページ

大阪府ホームページ 「風しんについて」

大阪府ホームページ「【大人の風しん対策】先天性風しん症候群対策事業について」

大阪府感染症情報センター「風しん情報」

添付資料

生まれてくる赤ちゃんを守るため緊急の風しん抗体検査キャンペーン第2弾 (Wordファイル、95KB)

生まれてくる赤ちゃんを守るため緊急の風しん抗体検査キャンペーン第2弾 (Pdfファイル、523KB)

資料提供ID

33276

ページの先頭へ

報道発表資料のトップへ

ここまで本文です。