セキュリティの抜け道となる「共連れ」を防ぐシステムを新発売 [ 富士通九州システムサービス ]

2018年03月08日  富士通 株式会社 

PRESS RELEASE

2018年3月8日
株式会社富士通九州システムサービス

セキュリティの抜け道となる「共連れ」を防ぐシステムを新発売

当社は、セキュリティゾーンへの「共連れ」入退室を検知・記録する「共連れ検知システム」を、3月9日より発売します。
ゲートを設置し物理的に一人ずつしか入退室できないようにすることで「共連れ」を防止する方法もありますが、初期導入コストが高額になります。本システムは距離画像カメラを設置しセキュリティドアのコントローラと接続するだけで使用でき、コストを抑えた対策が可能となります。
国内において、今後3年間で100システムの販売を目指します。


このリリースの画像:
▼共連れ検知システム概要
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1052309

当社では、従来から画像認識技術を活用し、施設監視や災害監視などの安心・安全な社会づくりに貢献できる製品を提供しています。
通常、セキュリティゾーンへの入室には、ICカード、指紋、静脈などによる認証を行っていますが、認証を受けていない人が認証された人と共に入退室する「共連れ」はセキュリティの抜け道となります。
本システムは距離画像カメラを使用した画像認識結果と、セキュリティドアの認証情報とを突き合わせて共連れの発生を検知し、現場で音声警告するとともに、遠隔地のパトランプを点灯し管理者へ通報します。また、共連れ発生時の画像の記録・参照も可能です。

製品名

共連れ検知システムV1.0

販売価格(税抜)

1,000,000円

販売開始

2018年3月9日

本製品の特長

  1. 共連れ発生検知機能
    距離画像カメラを使用し、セキュリティドアの認識情報と照合して共連れの発生を検知し、記録します。
  2. 音声警告/通報機能
    共連れ検知時に現場(ドア付近)で、音声警告します。
    また、遠隔地のパトランプを点灯し、音声により管理者に通知します。
  3. 管理機能
    現在のカメラ映像や過去に発生した共連れの事象を参照できます。直近10件を表示または日付指定で表示します。

動作環境

  • [管理Web/DBサーバ]/[共連れ検知PC]
    OS:Microsoft® Windows® 8.1、Windows10 64bit版以降(32bit版では動作しません)
    メモリ:4GB以上
    CPU:3GHz以上のマルチコアCPU
    HDD:100GB以上
  • [距離画像カメラ]
    Microsoft社 Xbox One Kinect センサー 6L6-00007
  • [DIOユニット]
    ライフトロン社 フォトカプラ絶縁デジタルI/O DIO-8/8(E)
  • [可視カメラ(オプション)]
    jpeg静止画像をhttp形式で取得可能なもので解像度はVGA以上

関連リンク

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムサービス
未来社会問題ソリューション本部 画像ソリューション部
 電話: 097-534-9426
 お問い合わせフォームへ

他の画像

配信企業情報

富士通 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター MAP
上場区分 東証1部

業界