物流施設「ロジスクエア川越」竣工

2018年02月28日  株式会社 シーアールイー 

2018 年 2 月 28 日
各位
会 社 名 株 式 会 社 シ ー ア ー ル イ ー
代表者名 代 表 取 締 役 社 長 亀山 忠秀
(証券コード 3458 東証第一部)
問合せ先 取締役 永浜 英利
(TEL 03-5572-6600)

物流施設「ロジスクエア川越」竣工

株式会社シーアールイー(代表取締役社長/亀山忠秀 本社/東京都港区)は、埼玉県川越市において開発を進めていた物流施設「ロジスクエア川越」が竣工し、本日、竣工式を執り行いましたのでお知らせいたします。



「ロジスクエア川越」の開発地は関越自動車道「川越」インターチェンジより約10km、首都高速埼玉大宮線「与野」インターチェンジより約16.7km、主要幹線道路である国道 254 号線、国道16 号線至近であり、国道 17 号新大宮上尾道路へのアクセスにも優れた好立地です。川越工業団地内の工業専用地域にある為、周辺は倉庫・工場が多く、24 時間稼働が可能であり、物流業務に適した希少な立地条件を備えております。また、当該工業団地を管轄する川越東部工業会協同組合が運営するバス便や駐車場もあり、雇用確保における優位性もございます。

「ロジスクエア川越」は6,300.08 ㎡の敷地に地上 2 階建て、延べ面積 7,542.56 ㎡の物流施設であり、マスタープランとしては、ワンフロアが約1,140 坪の 2 階建てで、1 階部分のトラックバースは高床式とし、一部スパンにおいてはプラットホームをテールゲート車対応としております。倉庫部分の基本スペックは、床荷重は1.5t/㎡、有効高さは 1 階・2 階共に 6.0m 以上、照度は 300ルクスを確保し、外壁には断熱性の高い金属サンドイッチパネルを採用しております。1階はブレース(筋交い)がなく、2 階は柱を一部減らすことで保管効率の向上に寄与しております。

上下搬送設備については、荷物用エレベーター(積載荷重3.5t)を 2 基実装しております。また、階層を2 階建てに抑えることで、多層階施設特有の上下搬送に起因した時間的なロスを極小化し、スピーディーな入出荷オペレーションの実現を可能とした汎用性の高い施設となっております。

外構計画としては、大型車待機場としても活用できるようトラックヤードは余裕を持ったスペースを確保し、様々な使い方に柔軟に対応できるよう配慮しております。

環境対策としては、全館LED 照明、人感センサー、節水型衛生器具の導入等により BELS 評価※1を取得しており、第三者機関による認証を取得することにより省エネルギーに配慮した施設であることを明示して参ります。

また、当社開発物件の標準装備である緊急地震速報システムの導入やAED の設置、さらに火災延焼対策として自動火災報知設備に断路器を設置して、万一の火災時における配線ショートによる防火シャッターの機能停止を防ぎ、延焼の拡大を防ぐことにより入居テナントのBCP(事業継続計画)への配慮を行っております。

施設内のサインには、川越ゆかりの「川越唐桟織」と「紫陽花(あじさい)」をモチーフにした親しみのあるデザインをベースとし、有効高さ、床荷重、照度などの倉庫機能を可視化したサインなど、働く方々の快適性を高めるための工夫を取り入れております。(下記施設内写真参照)

※1 BELS 評価について
国土交通省が推進している建築物の省エネルギー性能を評価・表示する統一的な公的指標であり、Building Energy-efficiency Labeling System の略語です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1561523

配信企業情報

株式会社 シーアールイー東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区虎ノ門2-10-1虎ノ門ツインビルディング東棟19F MAP
上場区分 東証1部

業界