建築物用免震・制振用オイルダンパーの不適合品及び不明の対象物件数等の訂正について

2019/03/15  KYB 株式会社 

2019年 3 月 15 日
各 位
会社名 KYB株式会社
代表者名 代表取締役会長兼社長執行役員 中島 康輔

建築物用免震・制振用オイルダンパーの不適合品及び不明の対象物件数等の訂正について


2 月 13 日に公表した「当社及び当社の子会社が製造した建築物用免震・制振用オイルダンパー における不適切行為に関する原因究明・再発防止策について」につきまして、建築物用の不適合品及び不明品の対象物件数及び製品数に訂正がございましたので下記の通りご報告いたします。 関係者の皆様へ多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを心から深くお詫び申し上げます。

1.対象物件数及び製品数の訂正について

2018年 12 月 19 日に公表した検査機に残っているデータの解析を継続してきた結果、
・係数書換え及び原点調整前の正しいダンパー減衰性能値を導き出すことができ、不明品の一部が、
適合品・大臣認定不適合品・お客様基準外品へと判明したこと
加えて、
・建設会社様と物件毎にお客様との間で定められた性能基準及び物件情報(出荷有無、設置本数等)
を確認したこと
・検査成績書や検査データ等の内容を改めて確認した結果、判定根拠である書類の不足や検査デー
タの見落とし等が判明したこと
により、対象物件数及び製品数に訂正がありました。

これにより対象物件数は、
・免震用オイルダンパーが 995 件から 858 件
・制振用オイルダンパーが 110 件から 140 件
となり、合計 1,105 件から 998 件へ訂正となります。
※免震用オイルダンパーの主な減少要因としては、検査機データ解析による不明品から適合品への訂正(84 件)、重複・未出荷・撤去済等による物件削除による訂正(42 件)。制振用オイルダンパーの主な増加要因としては、検査データ見落としによる訂正(18 件)、書類の不足(8 件)。

なお、訂正の対象となった物件の所有者様および関係者の皆様には、改めて訂正の理由、根拠等を丁寧にご説明してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.kyb.co.jp/company/progress/progress_20190315_01.pdf

関連業界