日本国法務省と香港特別行政区法務庁との間の協力覚書(MOC)の交換について

2019/01/09  法務省 

報道発表資料

平成31年1月9日

日本国法務省と香港特別行政区法務庁との間の協力覚書(MOC)の交換について

国際仲裁及び国際調停に関する事項に関し,香港特別行政区法務庁との間で協力覚書を交換しました。

1 経緯・背景

法務省では,「司法外交」の柱の1つとして,法務分野における諸外国等との戦略的連携を推進しており,そのツールとして,他国・地域の法務省等と包括的な協力関係についての協力覚書(Memorandum of Cooperation, MOC)の交換を推進しています。
本年1月9日,山下貴司法務大臣が香港を訪問した際に,署名式が開催され,香港特別行政区のテレサ・チェン法務長官との間で協力覚書を交換しました。

2 MOCの概要

日本国法務省及び香港特別行政区法務庁(以下「両当事者」という。)は,パートナーシップと協力の精神に則り,それぞれの管轄において,国際仲裁及び国際調停に関して,下記事項を通じて,両当事者間のコミュニケーション,協働及び協力を強化すること,並びに国際仲裁及び国際調停に関するサービスの発展を促進していきます。

・国際仲裁及び国際調停に係る両当事者の法的枠組み,判例及び見解・知見の情報交換
・日本及び香港特別行政区の個人・機関に対する国際仲裁及び国際調停に係る研修の実施
・国際仲裁及び国際調停の促進に係るフォーラムやセミナーの共同実施
・両当事者が合意するその他の分野での協力