飯塚市とソフトバンク、教育事業連携に関する協定を締結

2019/01/10  ソフトバンク 株式会社 

飯塚市とソフトバンク、教育事業連携に関する協定を締結

2019年1月10日
飯塚市
ソフトバンク株式会社

飯塚市(市長:片峯 誠)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、ロボットと共生し、IoTなどの利活用が進む未来の社会で活躍する人材の育成を見据え、教育・学習環境の整備を目的とした教育事業連携に関する協定を、2019年1月10日に締結しましたのでお知らせします。
本協定の締結により、ICTの利活用をベースとし、教育環境づくりや先端技術が活用できる人材の育成など、飯塚市の発展に向けて、相互に連携していきます。

1. 締結日

2019年1月10日

2. 本協定の目的

IoTやロボットと共生する未来の社会で活躍する人材育成を見据え、ICT利活用をベースとし、相互の知的、人的、物的資源の活用を図ることにより、教育・学習環境を整備することを目的とする。

3. 本協定の内容

  • (1)

    ICTの利活用に関すること

  • (2)

    教育環境づくり(2020年から必修化されるプログラミング教育に関することなど)

  • (3)

    先端技術が活用できる人材育成に関すること

  • (4)

    その他両者が協議し合意したこと

  • (5)

    前各号に係る情報発信に関すること

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

関連業界