条件付き一般競争入札『平成31年度総務事務システム等運用保守業務』

2019/03/13  徳島県庁 

条件付き一般競争入札『平成31年度総務事務システム等運用保守業務』 2019年3月13日

次のとおり条件付き一般競争入札に付する。

平成31年3月13日

徳島県知事 飯泉嘉門

1 入札に付する事項

(1) 業務名
平成31年度総務事務システム等運用保守業務
(2) 主な業務内容
現在徳島県で運用している総務事務システム等の運用業務及び保守業務を行うものである。詳細は,平成31年度総務事務システム等運用保守業務仕様書(以下「仕様書」という。)による。
(3) 業務委託期間
契約締結の日から平成32年3月31日(火曜日)まで
(4) 業務の実施場所
徳島市万代町1丁目1番地 徳島県庁5階 徳島県経営戦略部電子行政推進課

2 入札に参加する者に必要な資格

この入札に参加する者に必要な資格(以下「入札参加資格」という。)は,(1)から(8)までに掲げる事項のすべてに該当する者であることとする。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)物品の購入等の契約に係る一般競争入札及び指名競争入札参加資格審査要綱(昭和56年徳島県告示第26号)第4条第1項の規定による審査により資格を有すると認められた者で,営業種目「情報処理」中「電算処理」,「プログラム作成」及び「システム開発」のいずれかに登録されている者であること。

(3)徳島県物品購入等に係る指名停止等措置要綱に基づく指名停止又は指名回避の措置を受けていない者であること。

(4)徳島県暴力団排除措置要綱に基づく排除措置を受けていないこと。

(5)徳島県内に本店,支店又は営業所等を有する者であること。

(6)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て,民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立て又は破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産の申立てがなされていない者であること。

(7)過去1年以内に国または地方公共団体と締結した業務委託契約において,契約解除条項に基づく契約解除をされたことのない者であること。

(8)従事予定技術者として,次のいずれかの条件を満たす者を雇用しており,配置できること。

ア 過去5年以内に元請けとして国又は地方公共団体のWebシステムの運用保守業務実績があり,その業務に従事した者

イ 情報処理技術者試験の区分等を定める省令(平成9年通商産業省令第47号)の表に掲げる次の記載のいずれかの試験またはそれに準ずる試験に合格した者

(ア)ITストラテジスト試験

(イ)システムアーキテクト試験

(ウ)プロジェクトマネージャ試験

(エ)ネットワークスペシャリスト試験

(オ)データベーススペシャリスト試験

(カ)情報セキュリティスペシャリスト試験

(キ)ITサービスマネージャ試験

3 入札手続等

(1)担当部局

徳島市万代町1丁目1番地

徳島県経営戦略部電子行政推進課システム・業務改革担当

電話088-621-3260

(2)入札概要書の交付期間,場所及び方法

ア 期間

平成31年3月13日(水曜日)午後2時から3月29日(金曜日)午後5時まで。

イ 場所

徳島県ホームページにおいて交付するものとする。

ウ 方法

無償で配布する。

(3)入札参加資格の確認

ア 入札参加資格の確認手続

この入札に参加を希望する者は,条件付一般競争入札参加資格確認申請書及び入札参加資格確認資料を次に定めるところにより持参のうえ,提出し,入札参加資格の確認を受けなければならない。

(ア)提出期間

平成31年3月13日(水曜日)から3月29日(金曜日)まで(徳島県の休日を定める条例(平成元年徳島県条例第3号)第1条第1項に規定する県の休日を除く。)の午前9時から午後5時まで(正午から午後1時までを除く。なお,初日は午後2時から)

(イ)提出場所

「3入札手続等」の「(1)担当部局」に同じ。

イ 入札参加資格の確認の結果

入札参加資格の確認の結果は,平成31年4月2日(火曜日)までの日付で書面により通知する。

(4)入札及び開札の日時及び場所

ア 日時

平成31年4月5日(金曜日)午前10時

イ 場所

徳島市万代町1丁目1番地

徳島県庁4階406会議室

ウ 入札書の提出方法

持参によるものとする。

4 その他

(1)契約手続において使用する言語及び通貨

日本語及び日本国通貨

(2)入札保証金及び契約保証金

免除

(3)入札の方法

落札者の決定に当たっては,入札書に記載された金額に当該金額の100分の8に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは,その端数を切り捨てた金額)をもって落札価格とするので,入札参加者は,消費税及び地方消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず,見積もった契約希望金額の108分の100に相当する金額を入札書に記載すること。

(4)落札者の決定方法

徳島県契約事務規則第18条の規定により作成された予定価格の制限の範囲内で最低の価格をもって有効な入札を行った者を落札者とする。落札となるべき同価の入札をしたものが2人以上あるときは,直ちに当該入札者にくじを引かせて落札者を決定するものとする。

(5)再度入札

開札の結果,落札者がない場合において,直ちに再度入札を行う。

再度入札に参加できる者は,最初の入札に参加した者に限る。再度入札の回数は,原則として1回を超えないものとする。

なお,第1回の入札に際し,無効となった者は当該入札に係る再度入札に参加できないものとする。

(6)入札の無効

次の各号の一に該当する入札は無効とする。

ア 「2入札に参加する者に必要な資格」に規定する入札参加資格のない者の行った入札

イ 記名押印のない入札

ウ 入札事項を表示せず,若しくはその記載事項が不明確であり,または一定の金額をもって価格を表示しない入札並びに次に掲げるところによりした入札

(ア)鉛筆,その他容易に改ざんできる筆記具で作成したもの

(イ)金額をアラビア数字以外で記載し,または訂正したもの

(ウ)「入札業務」で業務名の記載のないもの,または記載を誤ったもの

(エ)「住所及び氏名」の記載を誤ったもの

(オ)使用の印鑑を誤ったもの

エ 委任状を持参しない代理人のした入札

オ 前各号に掲げるもののほか,入札に関する条件に違反した入札

(7)契約書作成の要否

(8)その他

詳細は,入札概要書による。