不動産クラウドファンディング市場-投資家別(個人投資家および機関投資家)および物件タイプ別(住宅および商業):グローバル産業の展望、包括的な分析、および予測、2018-2027年

2020/09/18  LAMORI PRIVATE LIMITED 

Kenneth Researchは調査レポート「不動産クラウドファンディング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 17日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。 [調査レポートの詳細内容について] https://www.kennethresearch.com/report-details/real-estate-crowdfunding-market/10172667




調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

クラウドファンディングとは、新しいビジネスプロジェクトへの投資を熱望している多数の投資家からのより少ない割合の資本の利用です。クラウドファンディングは、簡単に利用でき通信可能なソーシャルメディアネットワーキングウェブサイトとクラウドファンディングウェブサイトを利用して投資家に連絡し、投資家と起業家を同じプラットフォームに連れてきます。これは、伝統的な経営者、親戚、ベンチャー投資家の輪から離れた金融家のプールの増加による起業家精神の強化と促進に役立ちます。

世界中で増加している商業用不動産活動により、民間資金の必要性が高まっています。その結果、クラウドファンディング活動に対する巨大な需要が高まり、市場の成長を促しています。さらに、オンライン不動産は商業用不動産業界の主要な成長要素であり、予測されるタイムラインでビジネスの成長をさらに推進すると予測されています。最近では、不動産スポンサーがオフラインモードよりも便利で時間を節約できるため、資金調達活動は迅速にオンラインモードに移行しています。

不動産クラウドファンディングでは、特定の投資計画の実現に役立つ特定の資産を選択することで、投資家の手数料とオファーが削減されました。これとは別に、不動産クラウドファンディング活動は、人々が高品質の不動産資産に融資するための費用対効果の高いツールとして進化してきました。 これらのすべての側面は、予測期間中の業界の成長に有利に貢献します。ただし、流動性が低いと、予測のタイムラインにおける不動産クラウドファンディング市場の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。

ICT(情報通信技術)産業は、世界的な経済成長の主要な貢献者の一つです。ICTセクターの成長は、主に AI(人工知能)、IOT(モノのインターネット)、5Gなどの技術の進歩と、世界中のインターネットアクセシビリティの終わりのない成長に牽引されています。これにより、インターネットに接続されたデバイスの数がさらに増加し、不動産クラウドファンディング市場の主要なプレーヤーの間で新しいビジネスチャンスが継続的に生み出しています。Internet World Statsによって提供された統計によると、2019年半ばには、世界中に約4,536,248,808人のインターネットユーザーがいたと推定されています。さらに、ICT産業による投資は、先進国、発展途上国、新興国の経済成長の強化に貢献しました。国連貿易開発会議(UNCTAD)が提供する統計によると、コンピューター、周辺機器、通信、電子機器などのICT製品の全世界のその他のIT製品の輸出(%)は、2011年の10.62%から2017年には11.51%に成長しました。2017年には約51.7%の最高の記録は香港で記録され、、フィリピン、シンガポール、マレーシアによって牽引されました。これらは、不動産クラウドファンディング市場の成長に貢献する重要な要因のです。

不動産クラウドファンディング市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10172667

不動産クラウドファンディング市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


不動産クラウドファンディング市場は、投資家別(個人投資家および機関投資家)および物件タイプ別(住宅および商業)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「不動産クラウドファンディング市場」というタイトルのレポートは、不動産クラウドファンディング市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来不動産クラウドファンディング市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。不動産クラウドファンディング市場における業界のリーダーはAmerican Homeowner Preservation LLC, BrickFunding, Cadre, Crowdestate OÜ, CrowdStreet, Inc., Estateguru OÜ, Fundrise, LLC, Groundbreaker Technologies, Inc., M2CROWD, Bulkestate, REALCROWD, INC., ReInvest24, RM Technologies LLC, and Square Meter SAPI de CV.などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

他の画像

関連業界