出るか!?30cmオーバーの“デカメバル”!!橋詰大輔と岩崎林太郎がボートゲームで挑む!

2019/03/13  テレビ大阪 株式会社 

3月16日(土) 午後5:30~「THEフィッシング」 テレビ東京系全国6局ネットで放送

最新の釣り方や旬の釣りをいち早く紹介!アングラーの挑戦と自然の素晴らしさをご堪能ください。 視聴率プレゼントも!詳しくは番組HPまで。


今回は、東京湾でボートメバルゲーム!

東京湾
ボートゲームなら陸からはアクセスできないポイントでスレていないデカいメバルに出会えるチャンスが増える。
狙うは30センチを超える「尺メバル」。
アングラーにとって「尺メバル」は1つのステータス。ボートから狙うとはいえ、滅多にお目にかかることの出来ない貴重な魚だ。

橋詰大輔


アングラーは地元横浜出身、東京湾で行われるボートメバルの大会で優勝経験を持つスペシャリスト橋詰大輔。


岩崎林太郎


そして大分から参戦、デカメバルハンター岩崎林太郎の2人。


夕方から出船。


橋詰大輔、岩崎林太郎
東京湾のボートメバルで狙う場所は、主に橋脚や岸壁などの人工的に作られた障害物。メバルはそういった場所の陰に隠れ、ベイトを捕食する。正確にキャストをして障害物の際を攻めるテクニカルな一面もこの釣りの魅力だ。最初のポイントは横浜ベイブリッジのすぐそば。こんな都会のど真ん中でメバルゲームが楽しめる!

岩崎林太郎、橋詰大輔


やがて日没、横浜の街や工場地帯が輝き始める。
メバルは夜行性の魚、ここからが本番!


メバルの好む岸壁の際にキャストを繰り返す。
ルアー


ルアーやレンジ、誘い方を変えながらメバルの食い気を誘っていく。


果たして二人は30センチオーバーのデカメバルを釣ることができるのか!


橋詰大輔、岩崎林太郎
どうぞ、お楽しみに!

他の画像

関連業界