男性会社員のお小遣い額は36,747円と過去2番目に低い金額-「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果について

2019/06/21  株式会社 新生銀行 

~男性会社員のお小遣い額は前年比3,089円減少、昼食代は前年比15円減の555円~

新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2,700名を対象にした「2019年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめました。


「2019年サラリーマンのお小遣い調査」結果の主なポイント

男性会社員の毎月のお小遣い額は36,747円(前年比3,089円減少)。1979年の調査開始以来、過去2番目に低い金額(最低額は1982年の34,100円)。女性会社員の毎月のお小遣い額は33,269円(同、1,585円減少)。近年増加傾向にあったが、過去最も低い金額。
男性会社員の昼食代は555円(同、15円減少)、女性会社員は581円(同、5円減少)。
男性会社員の1ヵ月の飲み代は13,175円(同、669円増加)。女性会社員は9,493円(同、8円減少)。
職場で働き方改革があったと回答する割合は、男性会社員、女性会社員ともに前年比増加。そのうち、約4割が働き方改革により「支出が増えたものがある」と回答するも、その割合は前年よりも低下。

【男性会社員のお小遣い額は過去2番目に低い金額、女性会社員は過去もっとも低い金額】
男性会社員の毎月の平均お小遣い額は、前年の39,836円から3,089円減少の36,747円となり、1979年の調査開始以来、過去2番目に低い金額になりました。景気に変調の兆しが見られることや、10月に予定される消費増税による影響、家計における賃金の伸びが依然として緩慢なものであること等が理由と考えられます。年代別にみると、30代以外の世代で大きく減少しており、特に20代と50代では前年の4万円超から3万円台後半へ減少しています。
女性会社員のお小遣い額は、前年の34,854円から1,585円減少し、33,269円となりました。年代別に見ると、40代と50代で2万円台後半まで大きく減少している点が特徴的です。近年は増加傾向にありましたが、2019年は(2014年以降)過去最も低いお小遣い額となっています。

【昼食代は、男性会社員・女性会社員ともにやや減少】
男性会社員の1日の平均昼食代は、前年の570円から15円減少の555円となりました。2017年以降緩やかな減少傾向がみられます。年代別では、50代以外で減少しています。
女性会社員の1日の平均昼食代は前年の586円から5円減の581円となり、2017年以降大きな変化は見られません。引き続き女性会社員の昼食代が男性会社員の昼食代を若干上回っています。

【男性会社員の1ヵ月の飲み代は増加、女性会社員は前年とほぼ同水準】
男性会社員の1回の飲み代は5,415円、1回の飲み代と1ヵ月の平均飲み回数から算出した1ヵ月の飲み代は前年比669円増加の13,175円となりました。
女性会社員の1回の飲み代は4,288円、1ヵ月の飲み代は前年比365円減少の9,493円となりました。

【職場で働き方改革があったと回答する割合は、男性会社員、女性会社員ともに前年比増加するも、「支出が増えたものがある」と回答する割合は前年比減少】
「職場で働き方改革があった」と回答する割合は、男性会社員、女性会社員ともに前年より約10?増加して、それぞれ47.5%と40.7%となりました。そのうち、働き方改革に「支出が増えたものがある」と回答した割合は、男性会社員が前年比3.7?減少の43.2%、女性会社員は前年比0.9?減少の38.9%といずれも減少しています。

本調査の詳しい調査結果については、別添「2019年サラリーマンのお小遣い調査詳細レポート」をご参照ください。なお、今回は、昼食代・飲み代の支払い手段の調査についても行っております。
https://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2019/190621okozukai_j.pdf
 

関連業界