対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」米国人大学生及び社会人の訪日

2018年03月06日  外務省 共済組合 

報道発表

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」
米国人大学生及び社会人の訪日

平成30年3月6日

    1. 本6日から13日まで,対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」により,米国のビジネススクールで学ぶ大学生75名及びユダヤ系米国人13名が訪日します。
    2. 一行は,都内にて視察等を行った後,それぞれ宮城,広島,石川,又は京都を訪問し,企業視察,ホームステイ等を行い,日本の文化や経済・産業等についての理解を深める予定です。
    3. 今回の交流事業を通じて,日米間の交流が一層活発化するとともに,米国の大学生及び社会人が日本の魅力に触れ,日米の友好関係の橋渡しとしての役割を担うことが期待されます。

    [参考1] 対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」
    日本と北米との間で対外発信力を有し,将来を担う人材を招へい・派遣する事業。対日理解の促進を図るとともに,親日派・知日派の発掘,被派遣者自らによる発信を通じた対外発信強化等により,我が国の外交基盤を拡充することを目的としている。

    [参考2] 事業実施団体
    一般財団法人 日本国際協力センター

関連リンク

配信企業情報

外務省 共済組合

住所

東京都千代田区霞が関2-2-1 MAP
上場区分 -

業界