国家機関の建築物等における吹付アスベスト等の使用実態に関する集計(フォローアップ)結果の公表

2017年09月15日 

国家機関の建築物等における吹付アスベスト等の使用実態に関する集計(フォローアップ)結果の公表

平成29年9月15日

国土交通省では、「アスベストに関する関係閣僚による会合」を受けて、平成17年度より毎年、国家機関の建築物及びその附帯施設における吹付けアスベスト等の使用実態を集計(フォローアップ)しています。フォローアップ開始時(平成17年9月15日時点)に702棟あった未対策施設は、平成28年度末には39棟になっています。国土交通省では引き続き各省各庁に対し、必要な措置を講ずるよう保全指導及び情報提供を行っていきます。

1.調査概要(各省各庁が実施)
・ 調査対象:各省各庁の所管する建築物等のうち、国有財産(行政財産に限る。)に該当するもの
・ 調査材料:「吹付けアスベスト」及び「アスベストを含有する吹付けロックウール」
*アスベストとは、繊維状を呈する次の6種類を、重量比で0.1%を超えて含有するものが該当します。
アモサイト、クリソタイル、クロシドライト、アクチノライト、アンソフィライト、トレモライト
・ 調査方法:前回の調査結果に基づき各省各庁にて確認
・ 調査時点:平成29年3月31日
2.集計結果
○ 調査対象件数 : 81,912棟 (100%)
・吹付けアスベスト等が使用されている件数 : 344棟 (0.42%)
うち、封じ込め等の飛散防止対策を実施済みの件数 : 305棟 (0.37%)
うち、未対策の件数(別添1参照) : 39棟(0.05%)
・吹付けアスベスト等を使用している可能性があるが
含有量が未調査の件数(別添2参照) : 2棟 (0.005%)

(平成28年3月31日時点の結果との比較) H28年度 H29年度
・吹付けアスベスト等が使用されている件数 : 330棟 → 344棟
上記のうち、未対策の件数 : 25棟 → 39棟
・吹付けアスベスト等を使用している可能性があるが
含有量が未調査の件数 : 4棟 → 2棟
3.今後の対応
国家機関の建築物等においては、管理する各省各庁により、吹付けアスベスト等の使用の有無の把握及び除去等の飛散防止対策が推進されています。国土交通省では引き続き、除去等の対策の実施、吹付けアスベスト等の有無の把握等、必要な措置を適切に講ずるよう、各省各庁に対し保全指導及び情報提供を行っていきます。

添付資料

H29フォローアップ(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房官庁営繕部 計画課保全指導室 企画専門官 伊藤誠恭、 課長補佐 神津隆治
TEL:03-5253-8111 (内線23312) 直通 03-5253-8248 FAX:03-5253-1542

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら