「NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン」記者発表会

2018年03月30日 

2018年

「NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン」記者発表会2018年3月30日

昨年に引き続き、大会協賛、省エネルギーについて学べる協賛イベント「NTN回る学校」も開催

NTN株式会社(以下、NTN)は、昨年に引き続き、国内最大規模の国際自転車ロードレース「NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン」(以下、TOJ)に協賛いたします。

TOJは、今回で開催21回目を迎えるUCI(国際自転車競技連合)公認の日本最大級の国際自転車ロードレースです。今年のレースは、5月20日(日)の堺ステージ(大阪府)から、5月27日(日)東京ステージ(東京都)まで8日間にわたり、全8ステージで開催されます。当社は、昨年から冠協賛し、開催を支援するとともに、各ステージで協賛イベント「NTN回る学校」を開催いたします。「NTN回る学校」では、ワークショップや技術体感アトラクションを通じて、子どもたちをはじめ観客の方々に持続可能な社会のための省エネルギー技術について理解を深めていただく予定です。

3月28日に、東京・恵比寿において、公式記者発表会が開催され、主催者であるTOJから大会概要、出場予定チームやコースの説明があり、当社からも今回の協賛についての思いや昨年の「NTN回る学校」の実施報告、そして今年度の「NTN回る学校」の概要について説明を行いました。

NTNは、今年も本大会への協賛、「NTN回る学校」の開催を通じて、大会を盛り上げるとともに持続可能な社会に向けた省エネルギーへの理解促進に貢献してまいります。

(前列)TOJキッズの皆さん
(後列左から)TOJ大会ディレクター:栗村修様、
当社常務取締役:大橋啓二、TOJ大会会長:石黒克巳様

展示コーナーでベアリングの組立体験に挑戦する
TOJキッズの皆さん

協賛概要は次の通りです。

協賛意義

自転車はエコの象徴であり、NTNのトライボロジー技術がもたらす地球環境保全と相通ずるテーマであること。「なめらかに回る」ベアリング技術の追求と、究極のなめらかな走りを目指す自転車ロードレースは、まさに、NTNの目指すものと重なります。

TOJは、多くの一般の方が観戦する地域振興の催しであることから、当社は地域社会貢献の意義も大きいイベントと受け止め、開催各地域の振興に貢献できればと考えています。

大会協賛イベント

大会を通して地域と次世代との絆を深める施策、「NTN回る学校」を今年も開催各地域で実施いたします。

今年の「NTN回る学校」では、各地域の子どもたちや観客の方々に、持続可能な社会のための省エネルギー技術などについて、ワークショップや技術体感アトラクションなどのカリキュラムを通じて、楽しみながら学んでもらえる場をつくります。今年は大学・高校と連携した新しい企画も計画中です。

大会開催概要

名称 UCI公認国際自転車ロードレース
『NTN presents 2018 ツアー・オブ・ジャパン』
http://www.toj.co.jp/
大会ロゴ
レースクラス UCIアジアツアー2.1
主催 自転車月間推進協議会
主管 ツアー・オブ・ジャパン組織委員会(事務局:一般財団法人日本自転車普及協会)
競技主管 公益財団法人日本自転車競技連盟
出場チーム 全16チーム(海外8チーム・国内8チーム)
開催期間

2018年5月20日(日)~5月27日(日)

  • 5月20日(日) 堺ステージ(大阪府)
  • 5月21日(月) 京都ステージ(京都府)
  • 5月22日(火) いなべステージ(三重県)
  • 5月23日(水) 美濃ステージ(岐阜県)
  • 5月24日(木) 南信州ステージ(長野県)
  • 5月25日(金) 富士山ステージ(静岡県)
  • 5月26日(土) 伊豆ステージ(静岡県)
  • 5月27日(日) 東京ステージ(東京都)

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

この企業のニュース