江戸から明治への変化「やきもの」でたどる特別展 73点一挙公開 「紀伊徳川家 やきもの新時代―富国と栄華の19世紀―」

2018年03月31日  和歌山県庁 

公開日 3月31日
開催日 4月21日~6月3日
江戸から明治への変化「やきもの」でたどる特別展 73点一挙公開 「紀伊徳川家 やきもの新時代―富国と栄華の19世紀―」
連絡先 教育委員会 教育庁文化遺産課
担当者 県立博物館 学芸員 袴田 舞
電話 073-436-8684
FAX --
E-mail
紀州での陶磁器(やきもの)生産は、江戸時代後期から明治初めまでの約80年間に最も盛んに行われました。この展覧会では、藩主や家臣が手がけた楽焼、京都の陶工による華麗な陶磁器などを取り上げながら、紀(き)州(しゅう)三(さん)大(だい)窯(がま)と称される偕(かい)楽(らく)園(えん)焼(やき)・瑞(ずい)芝(し)焼(やき)・南(なん)紀(き)男(おとこ)山(やま)焼(やき)の盛衰を通して、19世紀紀州の華やかな文化を紹介します。当館でのやきものをテーマにした特別展は、23年ぶりの開催です。

1.主 催 和歌山県立博物館
2.会 場 和歌山県立博物館 1階企画展示室(一部常設展示室)
〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14 《和歌山城・南側》
3.展示資料数 57件73点
4.会 期 平成30年4月21日(土)~6月3日(日) 展示日数 38日間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
5.休館日 月曜日(※4月30日(月)は開館、5月1日(火)は休館)
6.入館料 一般510円(410円)・大学生300円(250円)
※( )内は20人以上の団体料金。
※高校生以下、65歳以上、障害者、
和歌山県内に在学中の外国人留学生は無料
7.関連行事 記念講演会:5/13(日)、20(日) 博物館講座:5/27(日)
ミュージアムトーク:
4月22日(日)、4月28日(土)、5月4日(金・祝)、6月3日(日)
◆詳細はチラシ裏面をご覧ください。
8.担当者 和歌山県立博物館 学芸員 袴田舞
TEL:073-436-8670(代表) E-Mail: admin@hakubutu.wakayama-c.ed.jp
※詳細は、別添の資料及びチラシをご覧ください。
※資料カラー画像をご提供できます。上記メールアドレスに、その旨ご連絡下さい。

配信企業情報

和歌山県庁
上場区分 -