非侵襲性経皮血中ガス分析装置の販売・レンタル開始 [帝人ファーマ]

2018年06月14日 

2018年6月14日

非侵襲性経皮血中ガス分析装置の販売・レンタル開始

帝人ファーマ株式会社は、このたびラジオメーター株式会社が製造する経皮血中ガス分析装置(販売名:「経皮血液ガスモニタTCM5」)の販売・レンタルを開始しました。
経皮血中ガス分析装置は、皮膚の毛細血管を通して経皮二酸化炭素分圧(tcpCO2)や動脈血酸素飽和度(SpO2)などをモニタリングする医療機器です。

製品本体

使用イメージ


このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1138502
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1138503

慢性呼吸器疾患の患者さんには、呼吸・換気状態の変化に合わせた適正な治療を行うため、動脈血の酸素飽和度だけでなく、二酸化炭素分圧も併せて測定することが重要とされています。

血中の二酸化炭素分圧を測定する方法としては一般的に動脈血ガス分析が用いられますが、この方法は注射針で血液を採取するため身体的な負担があり、また、夜間や睡眠中の採血が困難なため、一晩を通じて正確に測定することが難しいという課題があります。

これに対し、経皮血中ガス分析装置は、センサーを耳たぶなどに装着することで非侵襲的かつ経時的に血中の二酸化炭素分圧を測定することが可能で、特に「経皮血液ガスモニタTCM5」は、タッチパネル式の大型液晶画面を搭載していることから視認性が高く、操作が簡便です。

帝人ファーマは、今後も呼吸器領域において、検査から治療まで包括的に製品ラインナップを拡充し、トータルソリューションの提供により、患者さんのQOL向上に貢献していきます。

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

2018年ニュース一覧へ戻る

ヘルスケアニュース一覧へ戻る

関連リンク

この企業のニュース