フォルクスワーゲン グループ、経営体制及び取締役人事変更を検討

2018年04月11日 

(和訳)※原文(英語)については、日本語に続き掲載しております。

2018年4月11日(水)

フォルクスワーゲン グループ、経営体制及び取締役人事変更を検討

ウォルフスブルグ 2018年4月10日

フォルクスワーゲンAGは、グループ取締役会の人事および一部の取締役の担当分野変更を伴う経営体制の見直しを検討します。この検討には、取締役会長(CEO)の変更も含まれます。

これを基に、フォルクスワーゲンAG監査役会会長は、現在、監査役会および取締役会の一部のメンバーと協議を行っています。マティアス ミューラーは、この変更に協力する意思を示しています。現時点においては、これらの検討がフォルクスワーゲンAGの経営体制および人事の変更につながるか否かは決定しておりません。

Potential further development in the
management structure in the Volkswagen Group
and potential
personnel changes in the Board of Management

Wolfsburg, April 10, 2018 - Volkswagen Aktiengesellschaft considers a further development ofthe management structure of the Group, which would also be associated with personnelchanges in the Board of Management and with changes in the specific responsibilities of theBoard of Management members. This could also include a change in the position of thechairman of the Board of Management.

On the basis of these considerations, the Chairman of the Supervisory Board of VolkswagenAktiengesellschaft is currently in discussions with certain members of the Supervisory Board andof the Board of Management. Mr. Matthias Muller showed his general willingness to contributeto the changes. It is currently open whether the considerations and discussions will lead to afurther development of the management structure or to personnel changes in the Board ofManagement of Volkswagen Aktiengesellschaft.

この企業のニュース