第68回 ちーびず応援カフェ ~『普段使いのちーびずギフト』プロモーション~ 報告

2018年04月12日 

ツイート

第68回 ちーびず応援カフェ ~『普段使いのちーびずギフト』プロモーション~ 報告

京都府では、ビジネス的手法により新しい仕事や働き方を生み出して、自分たちの手で地域課題を解決し地域づくりを継続する京都ちーびず(地域力ビジネス)を推進しています。
応援カフェは、ちーびずを目指すみなさんが、交流しながら、ブラッシュアップや新しく楽しいコラボをつくり出す場です。
今回は、府庁女子オススメ!『普段使いのちーびずギフト』のプロモーション会として、試食交流会やちーびず製品のアピールなどを行い、新たなコラボやちーびず創出について意見交換する応援カフェを開催しました。

応援カフェ募集チラシ(PDF:1,083KB)
応援バー募集チラシ(PDF:2,115KB)

実施報告

概要

日時 : 平成30年3月16日(金) 14:00~16:30
場所 : ルビノ京都堀川 2階 みやこの間
テーマ : ①楽しいストーリー、元気な人たちの「ちーびず(地域力ビジネス)」を出し合おう!②京都ちーびずプラザを活用しよう!
参加者 : 70名
内容 : 講演(ちーびずアドバイザー 対馬 則昭)、府庁女子オススメ「ちーびずギフト」の紹介、グループ意見交換、ブース交流(出展25団体)、閉会のあいさつ(山田啓二 京都府知事)

~ ちーびず応援 Bar ~
応援カフェ終了後、府庁生協食堂にて開催(17:30~19:30)

参加者 :33名(出展6事業者)
内容 :出展者によるアピールと、試食・交流

  • (試飲) NPO法人HEROESのクラフトビール、割烹さとうのどぶろく「鬼ババァー」
  • (試食) 風蘭の館の蒸し牡蠣(京丹後市久美浜町)、三色スミレ食の宅配おばんざい(南丹市美山町)、キコリ谷テラスのオーガニック野菜(京丹後市弥栄町)、ビオ・ラビット対馬シェフ特製 牡蠣の燻製(宮津市) 等

趣旨

◆府民発の様々なちーびず(地域力ビジネス)を府庁の女性職員たちが担当業務を通じて応援する 「府庁女子ちーびず応援チーム」では、今年度、地域づくりから生まれた製品をギフトセットとしてプロモーションし、48セットを選定。ちーびず活動や掲載製品を多くの方に知っていただくとともに、平成30年度からオープンの「府庁ちーびずプラザ」の活用アイディアを意見交換するため応援カフェを開催。
◆終了後、府庁生協食堂にて、ちーびず製品の普段使いをより具体的に提案し、活動アピールと販売促進につなげるため、府内各地の旬の食材をちーびず調味料等で味付けされた料理を、地域おこし的アルコール類ととも試食できる「ちーびず応援バー」を開催。なお、応援バーは「京都ちーびずプラザ事業」として、来年度も随時開催予定。

講演:テーマ「食と健康、作る側の責任。買う人がいる製品を作ろう!」(ビオ・ラビット シェフ 対馬 則昭さん)

  • 人の身体は食べるもので出来ているから、作る側の責任は重要 。
  • 健康に関する新しい(正しい)情報が一般に知られるようになり、消費者のニーズも変化している。ちーびずに取り組む皆さんも、新しい方向性を意識しながら製品づくりをして欲しい。

閉会のあいさつ(山田啓二 京都府知事)

  • ちーびずの製品やサービスは、質・量とも向上してきて、これからという所にきたと感じる。百貨店では買えない良い製品があり、需要はある。ターゲットやアピールポイントを明確にして、さらに高みを目指して欲しい。
  • 皆さんで切磋琢磨し、協力し合いながら、がんばっていって欲しい。

グループ意見交換での意見(抜粋)

  • 様々な方の意見や感想が聞ける企画を開催して欲しい。ネーミングやパッケージのアイディアがもらえる企画や、新製品の発表会や試作品の試食会 等
  • コラボ製品を作りたい。丹後地域内でコラボして、丹後らしいお土産を作り、若者の地域雇用にもつなげたい。
  • 展示・販売スペースにプロモーションビデオを流せば作り手の想いが伝わり効果的。
  • 京都市内から離れるほど情報が遅くなる。タイムリーにセミナー(食の許認可関係等)を開催して欲しい。
  • 府北部や南部では「出張ちーびずプラザ」を展開して欲しい。

アンケート(抜粋)

<応援カフェ>

  • 地域の魅力的な製品を、府庁職員にも広く周知したいと思った。
  • 自分の地域の特産品について、外の方から意見をいただけてよかった。
  • 知事のお話にあった、インターネット「ちーびずモール」はよいアイディアだと思う。活用したい。

<応援バー>

  • ちーびずコラボ製品のお披露目会やアピール会を実施して欲しい。
  • 一般の方にも来てもらいたい。活動を知ってもらえる工夫ができたらと思う。

応援カフェ外部報告

中小企業診断士による「ちーびずカフェ通信」(外部リンク)やちーびず推進員による「活動ブログ」(外部リンク)でも応援カフェの関連記事を発信しています。

応援カフェのページ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部地域力ビジネス課 ソーシャル・ビジネスセンター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4865

ファックス:075-414-4230

chiibiz@pref.kyoto.lg.jp

この企業のニュース