東西の鉄道会社3社が、台湾観光貢献賞を受賞! ~鉄道会社による日台相互の観光交流促進策が広がっています~(阪神電気鉄道)

2018年03月02日  阪急阪神ホールディングス 株式会社 

2018年3月2日
京浜急行電鉄株式会社
山陽電気鉄道株式会社
阪神電気鉄道株式会社

東西の鉄道会社3社が、台湾観光貢献賞を受賞!
~鉄道会社による日台相互の観光交流促進策が広がっています~

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之、以下「京急電鉄」)、山陽電気鉄道株式会社(本社:神戸市長田区、社長:上門 一裕、以下「山陽電鉄」)及び阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫、以下「阪神電鉄」)は、台湾観光局から、「2018 台湾観光貢献賞」を授与されました。

「台湾観光貢献賞」は、台湾観光局が1年を通じて台湾観光に貢献した企業等を選定し、授与するもので、今回、東西の鉄道会社3社が同時に受賞し、3月1日に、台北で台湾の陳建仁副総統らが臨席の下、授与式が開催されました。

【授賞式の様子】台湾の交通部次長范植谷氏からトロフィーを授与される各社社長

京急電鉄・原田社長 山陽電鉄・上門社長 阪神電鉄・秦社長京急電鉄は、2015年2月に、台湾鉄路管理局(以下「台鉄」)と友好鉄道協定を締結し、以後、羽田空港国際線ターミナル駅構内に台湾PRパネルを設置したほか、台鉄との相互スタンプラリーを実施するなど、日本・台湾の新たな魅力を発見していただく取組みを実施してきました。

山陽電鉄は、2014年12月に台鉄と姉妹鉄道協定、2015年12月には観光連携協定を締結し、関西地区で初となる乗車券相互交流やラッピング列車「Meet Colors!台湾」号の運行を行うなど、観光相互交流の促進を図ってまいりました。

また、阪神電鉄は、2016年から、阪神甲子園球場において、阪神タイガースが主催するプロ野球の公式戦のうち一部の試合を「台湾デー」として開催し、そこで台湾グルメの提供や台湾に関する特別イベントを実施するなど、台湾の魅力を紹介してまいりました。今回は、これら施策による台湾観光への貢献が評価され、受賞に至ったものです。

2017年に台湾へ訪問した日本人の数は190万人近く(※1)となり、また、台湾からの訪日旅客数は450万人余り(※2)に上ったとされ、日台間の人々の往来が非常に盛んになっています。

※1:訪台統計人数(台湾観光局)による。 ※2:2017 年 12 月訪日外客数(JNTO推計値)による。

京急電鉄、山陽電鉄及び阪神電鉄では、日々多くのお客さまと接することができるという鉄道会社の特性を生かし、これからも鉄道をはじめ、それぞれが持つ施設やコンテンツを通じ様々な企画やイベントなどを行っていくことで、日本と台湾相互の旅客誘致を図ってまいります。

受賞の詳細は、次ページのとおりです。

以 上

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5769.pdf

他の画像

配信企業情報

阪急阪神ホールディングス 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

大阪府大阪市北区芝田1-16-1 MAP
上場区分 東証1部

業界