和歌山県西牟婁郡上富田町における木質バイオマス発電所の建設について

2018年01月12日 

平成 30 年 1 月 12 日
各 位
グリーン・サーマル株式会社
大和 PI パートナーズ株式会社

和歌山県西牟婁郡上富田町における木質バイオマス発電所の建設について

グリーン・サーマル株式会社(代表取締役社長:滝澤誠、本社:東京都港区西新橋一丁目 13 番 5 号)は大和 PI パートナーズ株式会社(代表取締役社長:荒木秀輝、本社:東京都千代田区丸の内一丁目 9 番1 号)の事業出資を受け、和歌山県西牟婁郡上富田町において、木質バイオマス発電所を建設致しますのでお知らせいたします。本発電所の発電出力は 6,760kW を予定しており、年間 8 万トン程度の未利用材及び一般材等の利用を計画しております。2020 年 3 月の商業運転開始を目指します。

また、本日、本発電所建設にあたり、環境保全対策の一環として、上富田町及び事業会社として設立した DS グリーン発電和歌山合同会社(職務執行者:滝澤 誠、本社:東京都港区西新橋一丁目 13 番 5号)並びにグリーン・サーマル株式会社との三者間で公害防止協定書を締結いたしました。公害防止の為、公害対策協議会を設置して対策状況をモニタリングする体制を整備してまいります。

木質バイオマス発電は、二酸化炭素の削減に貢献するカーボンニュートラルな発電設備であることに加えて、これまで山林に放置されてきた林地残材に、燃料としての新たな価値を付加することによって適切な森林保全に資すると考えています。また、林業を活性化すると共に、新たな産業・雇用を生み出し地域経済の活性化にも貢献していくことを目指してまいります。

グリーン・サーマル株式会社は、設立以降一貫して、間伐材等の未利用材を燃料として活用する木質バイオマス発電所の開発及びコンサルティングサービスを提供し、高い専門性と強固なネットワークを有する我が国における同分野に係る先駆者です。

大和 PI パートナーズ株式会社は、大和証券グループの投資会社として、プライベート・エクイティ投資、債権投資、メザニンファイナンスおよびファンド運営等に係る投資実績及びノウハウを結集し、再生可能エネルギー事業への投資に積極的に取り組んで参りました。 今後も、グリーン・サーマル株式会社と協働して、バイオマス発電所への開発投資を積極的に推進し、日本の森林の適切な保全並びに地域経済の活性化に貢献して参ります。

事業内容
1.所在地 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬字松尾 317 番 42 他
2.面積 約 1.5 ha
3.発電事業会社 DS グリーン発電和歌山合同会社
4.事業運営会社 グリーンサーマル和歌山株式会社 (グリーン・サーマル株式会社の 100%子会社であり、 グリーン発電和歌山O&M株式会社より本年 1 月 1 日付で改称した)
5.送電出力 6,000 kW (発電出力 6,760 kW を予定)
6.想定年間発電量 4,800 万 kWh (一般家庭 約 1.3 万世帯分の年間使用電力に相当) (※1 世帯あたり 3,650 kWh で算出)
7.造成工事着工 2018 年 6 月を予定
8.運開予定日 2020 年 3 月を予定

以 上

この企業のニュース