「北京国際モーターショー」に出展

2018年04月04日  豊田合成 株式会社 

「北京国際モーターショー」に出展

2018年04月04日

豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)は、4月25日(水)~5月4日(金)に北京市の中国国際展覧センターで開催される「第15回北京国際モーターショー」(Auto China 2018)に出展します。

安全・環境・快適に貢献する各種自動車部品を紹介するとともに、将来の自動運転や電動化時代に対応した次世代コンセプトモデルを中国で初出品します。

当社は急拡大する中国を重点市場に位置づけ、今後も同国でのお客様のニーズに対応し更なる事業拡大を目指していきます。

ブース全景(イメージ図)

〔主な展示品〕

1. 次世代コンセプトモデル

「次世代コックピットモジュール」クルマに運転を任せてリラックスできる室内空間を創出。HMIとして機能するインストルメントパネルやコンソールボックスを搭載しているほか、次世代ステアリングホイールでは、カメラやセンサでドライバーの状態を検知する機能も備えています。 ※人と機械(クルマ)が情報のやり取りをするための装置。


「次世代フロントモジュール」ラジエータグリルなどの外装部品に、自動運転システムを支えるカメラやミリ波レーダなどを内蔵。運転状態をLEDで周囲に知らせるHMI機能「外装コミュニケーションランプ」も搭載。さらに軽量な樹脂製ボデーを採用しています。

2. 安全・環境ワイヤーフレームデモカー

各種「エアバッグ」や「ミリ波レーダ対応エンブレム」など安全性能向上に貢献する製品や、「樹脂フューエルフィラーパイプ」「軽量ウェザストリップ」「車載LED製品」など環境性能向上に貢献する製品の搭載位置や特徴を分かりやすく紹介。

以上

他の画像

配信企業情報

豊田合成 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

愛知県清須市春日長畑1 MAP
上場区分 東証1部

業界