駿河湾の保全活動に係る啓発品を静岡県へ贈呈

2018年03月30日 

2 0 1 8 年 3 月 3 0 日
マックスバリュ東海株式会社

駿河湾の保全活動に係る啓発品を静岡県へ贈呈

サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区恵比寿/代表取締役社長:髙島 英也)と、マックスバリュ東海株式会社(本社:静岡県駿東郡長泉町/代表取締役社長:神尾 啓治)は、4月3日(火)、昨年10月に数量限定にて発売したサッポロビール黒ラベル「駿河湾缶」(以下、「駿河湾缶」)の売上の一部を活用し、駿河湾の保全活動に係る啓発品を静岡県へ贈呈いたしますので、ご案内申しあげます。

「駿河湾缶」は、環境や経済、暮らしに多くの恵みをもたらす駿河湾が、2016年11月に『世界で最も美しい湾クラブ』に加盟したことを受け、同湾の環境保全及びさらなる認知度向上を目的として発売いたしました。「駿河湾を未来に繋げるため」という共通の想いのもと、静岡県を中心に店舗展開するマックスバリュ東海株式会社と、静岡県焼津市に工場を有するサッポロビール株式会社が、静岡県交通基盤部港湾局港湾企画課のご協力をいただきながら、共同で企画開発いたしました。

当社は、今後もより地域に密着した店舗運営の実現を目指すとともに、お客さまとともに、地域への貢献に取り組んでまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.mv-tokai.com/mgr/files/2018/03/ffe07a3e1f050bc4158b478c44d7df70.pdf

この企業のニュース