【(株)ミライト】客室設置型タブレット「ee-TaB*(R)(イータブ・プラス)」を「ホテルミュッセ銀座名鉄」に導入、3月1日よりサービス開始~名鉄イン株式会社ホテルグループへ3棟目の導入~ホテル利用者には便利なコンテンツに加え、ホテル運営スタッフの業務効率を向上させる「清掃管理機能」を装備

2018年02月28日  株式会社 ミライト・ホールディングス 

平成 30 年 2 月 28 日

【(株)ミライト】

客室設置型タブレット「ee-TaB*(R)(イータブ・プラス)」を
「ホテルミュッセ銀座名鉄」に導入、3 月 1 日よりサービス開始
~名鉄イン株式会社ホテルグループへ3棟目の導入~
ホテル利用者には便利なコンテンツに加え、ホテル運営スタッフの業務効率を向上させる
「清掃管理機能」を装備

ミライト・ホールディングスのグループ会社である株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊、以下ミライト)は、客室設置型タブレット「ee-TaB*(R)(以下、イータブ・プラス)」を東京都中央区銀座にオープン予定の新規ホテル「ホテルミュッセ銀座名鉄」の全室(223 室)に導入し、3 月 1 日よりサービスを開始します。

イータブ・プラスは、ミライトとテックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟)が共同開発したタブレットサービスです。利用者は客室に設置されたタブレット端末から、館内案内や気象、電子書籍、ホテル周辺の観光スポット情報などを取得することができます。また、イータブ・プラスは利用者向けのコンテンツだけではなく、ホテル運営業務を効率化する機能を装備することができ、ホテルミュッセ銀座名鉄に導入するサービスでは「清掃管理機能」を装備します。

ホテルミュッセ銀座名鉄は、多様な宿泊ニーズや趣向が求められる銀座エリアに新たなホテルブランドとして立ち上げられ、「感性に触れる多彩な過ごし方のあるホテル」をコンセプトに、ビジネス客はもちろん、訪日外国人観光客を対象とし、多様なライフスタイルや街での滞在を大切にした空間を提供するホテルです。 イータブ・プラスの導入は、ホテルのブランドコンセプトの具現化に寄与しています。今回の導入は、名鉄イン浜松町、名鉄イン名古屋駅新幹線口に次ぎ、名鉄グループでは 3 棟目の導入となります。

ホテルミュッセ銀座名鉄 タブレット画面イメージ

今後も全国の宿泊施設を対象に、イータブ・プラスのサービス提供範囲を広げ、様々なゲストのニーズに応えるとともに、運営スタッフの業務効率向上に貢献していきます。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://mirait.co.jp/news/20180228.pdf

他の画像

配信企業情報

株式会社 ミライト・ホールディングス東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都江東区豊洲5-6-36SIA豊洲プライムスクエア12F MAP
上場区分 東証1部

業界