介護施設を対象とした、安心な暮らしを提供する「スマート見守りサービス」の実証実験を開始

2019/02/12  東京電力ホールディングス 株式会社 

介護施設を対象とした、安心な暮らしを提供する「スマート見守りサービス」の実証実験を開始
~呼吸の動きをWi-Fiを活用して検知する見守りサービスの実証~

2019年2月12日
東京電力ホールディングス株式会社
Origin Wireless Japan株式会社

東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:小早川智明、以下「東電HD」)とOrigin Wireless Japan株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:丸茂正人、以下「オリジンワイヤレス社」)は、本日より、介護施設を対象とした「スマート見守りサービス」の実証実験を開始いたしました。

本サービスの最大の特長は、最新のセンサー技術の導入等により、介護施設の各居室にお住まいのご利用者さまの「動作や呼吸の状況の検知・通知」が可能となること、また、特段の工事が不要で、簡単に導入できる点です。

具体的には、オリジンワイヤレス社が開発したWi-Fiセンサー技術(TRM: Time Reversal Machine)を搭載した端末「Origin-Bot」を各居室内のコンセントに設置することで、Wi-Fi電波の変化の状況から、居室内での動作や呼吸の状況をリアルタイムに検知することが可能となります。
また、これら各居室内の検知データは、東電HDの持つ屋内通信技術により、新たなLAN回線を要さず、既設の屋内配線を利用したデータ通信を可能としており、介護スタッフの皆さまにリアルタイムで、ご利用者さまの状態をご確認いただけます。

両社は、このたびの「スマート見守りサービス」の実証実験を通して、介護施設のご利用者さまの安全を見守ることで、ご利用者さまの転倒や離床時の転落などの「危険察知」、介護スタッフの皆さまの「負担軽減」に寄与できるものと考えています。
今後、実証実験で得られる介護施設のニーズや、技術的な課題等を検証し、本サービスの早期実現、更なる品質向上に向けて取り組んでまいります。

以 上

<別 紙>

関連業界

情報・通信業界のニュース