肉のトレンド最先端!フレンチの技術で肉の食感を再構築した『とける肉寿司』を堪能。渋谷の認定生肉取扱所「もつ吉」の ”春夏限定新作生肉メニュー” が、2018年4月13日(金)解禁。

2018年04月13日 

株式会社リディファインダイニング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河村剛臣)は、メディア掲載実績多数、予約の取りづらいもつ鍋店として知られる「もつ吉」その7店舗目の姉妹店舗となる新業態「認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉」にて、2018年4月13日(金)~、新名物『黒毛和牛のとける肉寿司』を目玉とした「春夏限定メニュー」へのリニューアルを実施する運びとなりましたので発表致します。


■【肉のトレンド最先端!賞味期限わずか10秒の ”とける肉寿司” とは?】

新名物「黒毛和牛のとける肉寿司」二貫900円
空前の肉ブームが続く日本の外食業界。熟成肉、赤身肉、骨付き塊肉など、次々と新たな肉のトレンドが生まれる
中、「肉寿司」も新ジャンルの1つとして広く認知されてきました。

そんな中、渋谷区保健所より「認定生食用食肉取扱者等設置施設」許可を取得し、生肉の提供を可能としたもつ吉渋谷店では、肉寿司の進化形となる『とける肉寿司』を開発。外気に触れると文字通り ”とけて” しまうため、賞味期限はわずか10秒。フレンチの技術に基づく独自の低温調理法によって肉の水分を抜き、-20℃の冷風で急速冷凍させた黒毛和牛を、軍艦巻きの上ですりおろし、盛りつけて完成となります。一口頬張ると、まるで粉雪のようにふわっととけて、和牛の甘みがじんわりと広がる・・。そんな肉の新体験をぜひもつ吉渋谷店で味わってみませんか?


▼その他、もつ吉渋谷店 ”春夏限定・新作生肉メニュー” をご紹介

(1)黒毛和牛赤身と北海道生うにの「生うにゆっけ」・・・1800円

黒毛和牛赤身と北海道生うにの「生うにゆっけ」1800円

(2)「黒毛和牛 牛たんのうす造り」・・・1800円

「黒毛和牛 牛たんのうす造り」1800円

(3)「黒毛和牛特上サガリの炙り刺し」・・・1800円

「黒毛和牛特上サガリの炙り刺し」1800円

(4)「黒毛和牛イチボのたたき生うに包み」・・・1800円

「黒毛和牛イチボのたたき生うに包み」1800円

(5)名物「二代目とろけるハンバーグ」・・・1380円

名物「二代目とろけるハンバーグ」1380円

(6)「黒毛和牛漬け肉茶漬け」・・・880円

「黒毛和牛漬け肉茶漬け」880円

■春夏限定・新作メニュー概要■

▼期間
2018年4月13日(金)~秋頃まで

▼場所
認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉

▼新作生肉メニューラインナップ
・新名物 黒毛和牛のとける肉寿司 二貫・・・900円
・黒毛和牛赤身と北海道生うにの生うにゆっけ・・・1800円
・黒毛和牛牛たんのうす造り・・・1800円
・黒毛和牛特上サガリの炙り刺し・・・1800円
・黒毛和牛イチボのたたき生うに包み・・・1800円
・名物 二代目とろけるハンバーグ・・・1380円
・黒毛和牛漬け肉茶漬け・・・880円

その他、春夏メニューの一覧はこちらから
もつ吉渋谷店(食べログ)
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13208278/dtlmenu/


■【もつ吉渋谷店】

京都の古民家をモチーフにした、レトロな佇まい。


京都の古民家をモチーフにした店内には、明治期に作られたアンティーク家具や調度品が並ぶ。木の穏やかな質感が心地よく、まるでタイムスリップをしたかのような“非日常”を体験することができます。
接待やハレの日、普段使いデート、お仕事帰りの一杯など様々なシーンでご利用いただけます。


▼【店舗情報】
店名 : 認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉
オープン日 : 2017年6月1日(木)
住所 : 東京都渋谷区宇田川町31-1 HULIC &New SHIBUYA 8F
アクセス : JR渋谷駅より徒歩5分
電話番号 : 03-6416-5236
営業時間 : ランチ  12:00~16:00(L.O.15:00)
ディナー 17:00~23:30(L.O.23:00)
平均予算 : 5000円

もつ吉渋谷店(食べログ) : https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13208278/
もつ吉荻窪本店(食べログ) : http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13117193/
もつ吉ブランドサイト : http://motsukichibrand.com/
リディファインダイニングHP : http://rede.co.jp/

この企業のニュース