幸せな毎日は朝食から。おやつよりしっかり、朝食よりカジュアルに。忙しい毎日に「snaq.meal」を。

2018年03月30日 

3月30日(金)オンライン発売スタート

「食べても罪悪感を感じない」Guilt Free(R)(ギルトフリー)スナックのサブスクリプション BOX「snaq.me」を運営する株式会社スナックミー(URL: https://snaq.me/、本社:東京都江東区、代表取締役:服部 慎太郎)は、2018年3月30日(金)から、忙しい朝でも「おやつ」のように気軽に朝食を楽しめる「snaq.meal」シリーズの発売を開始いたします。 URL: https://snaq.me/snaqmeal/ 「Guilt Free」はスナックミーの登録商標です。


(左から、大麦グラノーラ・ホットオーツ・ギルトフリーメイト)
これまでスナックミーでは、お客様それぞれのお好みやこだわりに合わせたおやつを中心にご提供してまいりましたが「朝食を疎かにしてしまうことに罪悪感がある」というお客様の声を受け、簡単にかつ美味しく朝食をお召し上がり頂ける「snaq.meal」シリーズを専属パティシエとともに開発いたしました。


20~30代女性の約2割が朝食を食べていない


厚生労働省が2017年9月に発表した「平成28年 国民健康・栄養調査結果の概要」 (出典元:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html)によると、朝食の欠食率は、女性20代で23.1%、30代で19.5%になり、5人に1人は朝食を食べていない事がわかります。

忙しい現代人が、朝食を「おやつのように、わくわくと待ち遠しいもの」として、楽しむ機会を取り戻すため、スナックミーは、snaq.mealを提案します。

<商品紹介>

お湯を注ぐだけ。スープ感覚オートミール「ホットオーツ」



海外では朝食として馴染みの深いオートミール。オートミールに慣れていない日本の方も食べやすいように、オートミール独特の香りを極力抑えました。お湯を注いでかき混ぜるだけで完成なので、忙しい朝にもおすすめ。
オートミールにはビタミンB1、鉄分が多く含まれ、食物繊維も豊富です(白米の20倍)。

フレーバーは、プレーン、コーン、カレーの3種。オートミールといえばシナモンが効いた甘いものが定番ですが、日本人の好みに合わせてスープとしても食べられる3フレーバーを開発しました。

香ばしい大麦とヨーグルトや豆乳との相性がバッチリ「大麦グラノーラ」



珍しい「大麦」を使ったグラノーラに、ドライフルーツやナッツを詰め込みました。大麦独特の食感をお楽しみいただけます。豆乳や牛乳、ヨーグルトなどに加えてお召し上がりください。甘さは控えめにしているので、お好みでメープルシロップや蜂蜜などと一緒にどうぞ。

大麦は白米と比べて、食物繊維は19倍、カルシウムは3倍、カリウムは2倍も多く含まれており、この他にも銅やビタミンB1、ナイアシンなどの成分が含まれています。

フレーバーは、パイン、マンゴー、チェリーの入ったトロピカル、レーズン、クランベリー、サルタナレーズンの入ったベリー、各種ナッツの入ったナッツの3種です。

移動中でも食べられるスティック状のショートブレット「ギルトフリーメイト 



もともとは『ランチの代用になるお菓子が欲しい』というユーザー様の声を実現するために生まれた「ギルトフリーメイト」。
筋肉の成長に不可欠なアミノ酸を豊富に含んだ「ピープロテイン(えんどう豆由来のプロテイン)」や、今アメリカからブームが広まっている「きび」の一種で第四の穀物とも呼ばれるグルテンフリーの「ソルガム」をふんだんに使用したスナックミー専属パティシエの力作です。

フレーバーはどなたでも食べやすいナッツソルト、カカオの2種です。

〈snaq.meal 商品詳細〉


snaq.meとは?

snaq.meは、日本初の「食べても罪悪感を感じない」Guilt Free(R)(ギルトフリー)スナックの定期購入サービスです(2016年2月開始)。好みやこだわりに関する簡単なクイズに回答いただくと、150種類以上のスナックから当社独自のアルゴリズムにより8種類をセレクトしてお届けします。また、毎回評価やリクエストをして頂くことで、よりお好みに合わせたセレクトとなります。(毎回お届けするスナックの種類が異なります。)

Guilt Free(R)(ギルトフリー)とは?
スナックミーでは、Guilt Free(R)(ギルトフリー)を「自然由来の原材料を使ったシンプルで、食べた後の罪悪感が少なく、幸せな時間を演出するもの」と考えています。お客様によって罪悪感の理由が異なるため、スナックミーではサービス開始当初から、お客様それぞれの嗜好やニーズに合わせたスナックをお届けしてまいりました。

この企業のニュース