あこがれのお仕事の人になりきっておてつだいデビュー☆ 「kazokutte(カゾクッテ)」新シリーズ発売!

2018年10月12日  株式会社 学研ホールディングス 


株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ステイフル(東京・品川 代表取締役社長:脇田誠)は、2018年9月に「kazokutte(カゾクッテ)」第五弾、なりきりおてつだいノートを発売しました。

「kazokutte」は“家族みんながハッピーになれる商品を!”という思いから2018年5月に誕生し、「家族のコミュニケーション」を軸とした商品を展開してきました。 今回は、おてつだいを通して子どもの「自ら考え行動する力」が育つ点に着目し、子どもが楽しみながらおてつだいに取り組むことができる「なりきりおてつだいノート」を発売致しました。

◆おてつだいができるようになるといろんな力が身に付く!◆
現在、「少子高齢化」「AI時代への突入」「グローバル化」などこれから迎える時代の変化に備え、「主体的に学びに向かう力・人間性」を育成することが教育における一つの課題となっています。「kazokutte」では、おうちでの“おてつだい”が子どもにとっても親にとっても一番身近で始められ、子どもの自主性を育むことができる場の一つだと考えます。
おてつだいができるようになると、ママ・パパが助かるだけでなく子どもにとっても大きな成長につながります。「人のために動けるおもいやりの心が育つ」「責任感や、やる気のある子に育つ」など学力だけではない、これからの社会で必要な力を伸ばすことができ、「自主性」「自己肯定力」「自己調整力」が身に付きます。


◆ちいさな子どもをもつ家族のお悩み解決◆
「なかなか自分からお手伝いをやろうとしてくれない」「おてつだいが習慣付かない」こんなお悩みを感じたことはありませんか?
「なりきりおてつだいノート」は子どもとコミュニケーションを取りながら、できるお手伝いを見つけ、何をやるか設定し実行する付録付き記録ノートです。
最大の特徴は、付属のエプロンやバッグを身に着け、コックさんやゆうびんやさんなど憧れの職業になりきることができ、楽しみながらおてつだいに取り組めます。また、おてつだいを一つやるごとにカードホルダーにシールが集まっていくので、子どもも遊び感覚でおてつだいを続けることができます。





【kazokutte(カゾクッテ) ブランドコンセプト】
みんなで一緒に育つと、家族って、楽しくなれる。つながって笑顔になると、家族って、うれしくなれる。
学研ステイフルが提案する、家族のためのブランド「Kazokutte:カゾクッテ」は、すべての家族が
”まなび”に触れながら、ともに育ち、つながりを深め、笑顔になることができる商品とサービスを形にします。
ひとつひとつの家族に、ひとつひとつの「家族って」がある。
そのコミュニケーションの真ん中で、家族みんなのあたたかな毎日に寄り添っていきたいと思っています。


■商品内容■
・なりきりおてつだいノート 全4種 税抜2000円
【付録】おてつだいリスト、できましたシール、カードホルダー、おてつだいカード、
エプロン(1.コックさん、2.おそうじさん、3.えんせんせい)バッグ(4.ゆうびんやさん)
1.コックさん
2.おそうじさん
3.えんせんせい
4.ゆうびんやさん
●公式サイト https://www.gakkensf.co.jp/kazokutte/
●販売     全国の文具・雑貨店など
        学研ステイフルECサイト https://www.rakuten.co.jp/gakkensf/

他の画像

配信企業情報

株式会社 学研ホールディングス東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都品川区西五反田2-11-8 MAP
上場区分 東証1部

業界