技能グランプリ埼玉県選手団の入賞選手が結果を報告します 金賞2人をはじめ11人が入賞しました

2019/03/15  埼玉県庁 

発表日:2019年3月15日14時

技能グランプリ埼玉県選手団の入賞選手が結果を報告します 金賞2人をはじめ11人が入賞しました

部局名:産業労働部
課所名:産業人材育成課
担当名:技能振興担当
担当者名:松尾、平澤

内線電話番号:4599
直通電話番号:048-830-4602
Email:a4590-02@pref.saitama.lg.jp

技の日本一を競う「第30回技能グランプリ」が3月1日から4日まで兵庫県で開催されました。

本県から出場し入賞した11人の選手が知事及び県議会議長に競技結果を報告します。

埼玉県選手団入賞選手の結果報告会

1 日時

平成31年3月19日(火曜日)11時00分~11時30分

2 場所

知事公館(さいたま市浦和区常盤4-11-8)

3 出席予定者

(1)選手等

第30回技能グランプリ入賞選手 11人

選手の所属団体等の関係者 10人

(2)来賓

齊藤 正明 埼玉県議会議長

(3)主催者

上田 清司 埼玉県知事

立川 修子 一般社団法人埼玉県技能士会連合会会長

4 内容

(1)競技結果報告 立川修子会長

(2)祝辞 上田清司知事、齊藤正明議長

(3)大会の感想 選手

(4)記念撮影

埼玉県選手団の競技結果

埼玉県から20人(9職種)が出場し、11人(7職種)が入賞しました。

このうち、金子峻昌(かねこ たかまさ)さんが、各職種の金賞受賞者の中でも特に優れた成績を収めた選手に授与される「内閣総理大臣賞」を受賞しました。

また、選手団としては「優秀技能選手団賞(厚生労働省人材開発統括官賞)」を受賞しました。

入賞者氏名(競技職種)

金賞(2人)

金子峻昌(園芸装飾)、佐々木美咲(婦人服製作)

銀賞(3人)

小川和彦(石工)、隅 悠多(建築大工)、

有薗直美(フラワー装飾)

銅賞(1人)

伊東利浩(石工)

敢闘賞(5人)

長井康朗(建築大工)、馬場和樹(建築大工)、

東吉雄一(建築大工)、志水富幸(畳製作)、

高橋アレキサンダー(機械組立て)

(敬称略)

【参考】

  • 第30回技能グランプリの概要

技能検定試験の特級、一級及び単一等級の資格を持つ熟練技能者が日本一を競う大会で、2年に1度開催されます。

技能五輪全国大会が若年者(原則23歳以下)を対象とした技能競技大会であるのに対し、技能グランプリは年齢制限がありません。

(1)開催日 平成31年3月1日(金曜日)~3月4日(月曜日)

(2)競技会場 神戸国際展示場などの7会場

(3)出場選手数 533人(30職種) 入賞者総数223人

(4)主催 厚生労働省、中央職業能力開発協会、(一社)全国技能士会連合会

  • 前回大会の埼玉県選手団の成績(第29回大会、平成29年2月開催)

出場者23人(11職種) 入賞者7人(5職種)

入賞内訳:金賞なし、銀賞1人(石工)

銅賞4人(建築大工2人、機械組立て、園芸装飾)

敢闘賞2人(建築大工、フラワー装飾)

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る