宮古・室蘭フェリー航路が開設!(9/14更新)

2018年09月13日  岩手県庁 生活協同組合 

宮古・室蘭フェリー航路が開設!(9/14更新)

ツイート

ID番号 N64992 更新日 平成30年9月13日


シルバーフェリーで行くわたしのおそ旅


宮古・室蘭航路に就航した「シルバークィーン」

平成30年北海道胆振東部地震での宮古・室蘭フェリーの活用

今般の北海道胆振(いぶり)東部地震により、犠牲になられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた全ての皆様にお見舞いを申し上げます。

平成30年9月6日(木曜日)の発災以降、平成30年6月に新たに開設された宮古・室蘭フェリーが、災害派遣部隊や支援物資の輸送に活用されています。

発災当日の6日朝の便から、災害派遣部隊が順次宮古港を出発していきました。

また、他の公共交通機関の運休等により移動できなかった一般旅客にも、フェリーが利用されています。


発災日当日の朝、乗船を待つ消防車両(9/6)


フェリーへ乗り込むタンクローリー(9/8)

航路開設記念キャンペーン“乗用車復割50”のご案内

運航会社である川崎近海汽船株式会社がお得なキャンペーンを実施中です!

この機会に、フェリーを利用した一味違う旅をお楽しみください!

・キャンペーン名:乗用車復割50

・割引内容:乗用車の復路運賃が50%割引

例)車長4m未満 通常運賃20,800円の50%割引⇒10,400円

車長5m未満 通常運賃26,000円の50%割引⇒13,000円

車長6m未満 通常運賃31,200円の50%割引⇒15,600円

・対象期間:往路乗船日 平成30年9月1日~平成30年9月30日

”本県初”となるフェリー航路が、平成30年6月22日に開設されました

この航路は、北海道と首都圏の間に新たなアクセスルートを提供するばかりでなく、岩手県と北海道の交流の動脈となり、物流や観光の面で大きな役割を果たすことが期待されます。

岩手県では、地元宮古市や運航船社など関係者と一丸となって、航路の定着や拡充に取り組んでいます。

シルバークィーン(総トン数7,005t)
旅客定員600名
積載能力トラック69台、乗用車20台

運航船社

川崎近海汽船株式会社「シルバーフェリー」

就航船舶

運航ダイヤ

1日1便(運航時間10時間)
宮古港発08:00⇒室蘭港着18:00
室蘭港発20:00⇒宮古港着06:00

アクセスバス

岩手県北バスが運航しています。
宮古駅前発06:55⇒宮古港フェリーターミナル着07:05
宮古港フェリーターミナル発06:40⇒宮古駅前着06:50
(注)宮古駅前の後、盛岡駅前まで運航します(9:20着)

旅客運賃表(片道、税込み、単位:円)

大人(中学生以上)の運賃

一般

団体

特等

15,000 13,500

1等

12,000 10,800

2等寝台

8,000 7,200

2等

6,000 5,400

車両運賃(片道、税込み、単位:円)

乗用車運賃

4m未満

20,800

5m未満

26,000

6m未満

31,200

トラック運賃

7m未満

40,700

8m未満

46,500

9m未満

52,300

10m未満

58,100

11m未満

63,900

12m未満

69,700

(注1)車両運賃には、運転者1名分の2等運賃を含みます。
(注2)運賃について、詳しくは「シルバーフェリー」ホームページをご覧ください。


第1便に乗船する北海道行きトラック


室蘭港に向けて出港する第1便「シルバークィーン」

「宮古港フェリーターミナルビル」が落成しました!


「宮古港フェリーターミナルビル」


ターミナルビル2階の「発券カウンター」


関係者によるテープカット


華を添えた地元宮古市の「黒森神楽」


平成29年7月から整備を進めてきました「宮古港フェリーターミナルビル」が、このほど宮古港藤原埠頭に完成し、平成30年6月1日(金曜日)に落成式を開催しました。
達増岩手県知事による挨拶の後、東北地方整備局長(代理)、山本宮古市長、佐々木岩手県議会議長及び川崎近海汽船株式会社の赤沼社長による祝辞、関係者によるテープカット並びにくす玉開披で落成を祝いました。
また、落成を記念して、地元宮古市の「黒森神楽」が披露され、華を添えていただいたところです。

宮古港フェリーターミナルビルは、宮古市が指定管理者として運営を担い、1階に指定管理者事務室、2階に待合所、発券カウンター、売店及び船社事務室、3階に会議室、屋上には津波襲来時の緊急避難スペースを配置しています。

北海道と岩手県をつなぐフェリー航路の開設により、物流の活性化や人的交流の促進が見込まれる中で、この施設はフェリー航路を支える中核施設であり、港湾振興のみならず、地域振興の拠点としての役割が期待されています。

宮古港フェリーターミナルの概要

  • 施設概要
    1階:指定管理者事務室、トイレ
    2階:待合所、発券カウンター、売店、船社事務室、人道橋、トイレ
    3階:会議室(一般利用いただけます。詳しくは宮古市にお問い合わせください)、トイレ
    屋上:緊急避難スペース
    屋外:大型車67台、普通車154台の駐車場を配置
  • 住所
    岩手県宮古市磯鶏第4地割114-1
  • 電話番号
    0193-68-9093 (宮古市港湾振興課)
  • 交通アクセス
    岩手県北バスにより、宮古駅前~宮古港フェリーターミナル間の路線バスが運航されます。
    フェリーの到着・出港にあわせて運航されます。所要時間は、約10分です。
    また、タクシー乗り場も設置されています。


岩手県宮古市「浄土ヶ浜」


北海道室蘭市「白鳥大橋」

関連リンク

料金の詳細や予約方法はこちら!

宮古市情報はこちら!

室蘭市情報はこちら!

三陸海岸の移動には「三陸鉄道」のご利用を!

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 港湾課 港湾担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5913 ファクス番号:019-629-9130
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

他の画像

配信企業情報

岩手県庁 生活協同組合

住所

岩手県盛岡市内丸10番1号 MAP
上場区分 -

業界