シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策までー」を平成30年12月14日(金)に気象庁で開催します。

2018/11/07  気象庁 

シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策までー」を平成30年12月14日(金)に気象庁で開催します。

概要

近年の温暖化傾向を反映して、作物の生育が従来とは異なる事例が増加しています。このため、暦日を指標とする慣行的な方法では栽培管理を適切に行うことが困難になり、気象情報をはじめとする様々なデータの農業への活用に関心が高まってきています。また、温暖化の進行に伴い、局地的な大雨等による災害が増加する可能性が示されており、農業における気象災害対策も重要になってきています。本シンポジウムでは、農業に役立つ気象情報を紹介するとともに、それらの情報の利用者である自治体や生産現場から、実際の活?事例や気象情報への期待についてお話しいただき、さらに大雨や突風、落雷、ひょう等による災害対策に向けた最新の研究成果をご紹介いたします。
どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください。

本文

主催 : (国研)防災科学技術研究所、気象災害軽減コンソーシアム
共催 : 気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)、
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構
日時 : 平成30年12月14日(金)13時00分~17時00分(開場:12時30分)
場所 : 気象庁 2階 講堂 (東京都千代田区大手町1-3-4)
対象 : 一般
定員 : 120名 (事前申込制・先着順・参加費無料)
プログラム : 詳細はこちら → 防災科学技術研究所HP


申し込み方法

参加をご希望の方は以下を明記のうえ、平成30年12月7日(金)までにメールにてお申し込みください。なお、定員制(お申し込み先着順)です。お早目のお申し込みをお願いいたします。別途、受付登録メールを返信いたします。

宛先
メール:ihub-conso(at)bosai.go.jp ※(at)は、@に置き換えてください。

件名
シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策まで-」参加

参加フォーム

  1. 所属
  2. 参加者氏名
  3. 気象災害軽減コンソーシアム会員の方は会員番号

なお、いただいた個人情報は本シンポジウムについてのみ利用いたします。

問い合わせ先

【全般に関すること】
気象庁総務部情報利用推進課
03-3212-8341(内線2286)

【取材に関すること】
気象庁総務部総務課広報室
03-3212-8341(内線2311)

資料全文