名古屋けいば第59回東海菊花賞副賞は“愛とん”を贈呈します

2018/11/07  愛知県  

名古屋けいば第59回東海菊花賞副賞は“愛とん”を贈呈します

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月7日更新

第59回東海菊花賞優勝者等に対する知事賞の贈呈について ~副賞は“愛とん”に決定しました~

愛知県では、名古屋競馬場で開催される東海菊花賞の優勝者等(馬主、騎手、調教師、厩務員)の栄誉を称えるとともに、本県特産品のPRのため、平成22年度から知事賞の副賞として、本県産畜産物を贈呈しています。

今回は愛知県が独自に改良した系統豚により生産された「愛とん」のロース肉(28kg)を贈呈します。

1 知事賞の贈呈について

(1)日時

平成30年11月15日(木曜日) 午後3時40分発走の第11レース(第59回東海菊花賞)後

(2)場所

名古屋競馬場内のウィナーズサークル

名古屋市港区泰明町1-1

(現地問合せ先 : 愛知県競馬組合 総務広報・施設課 電話 052-661-9795)

(3)知事賞の内容

賞状及び副賞(目録)

(4)贈呈者

愛知県農林水産部次長 澤田 陽一

2 副賞の”愛とん”について

愛知県は、三元豚(※1)を生産するための3品種の親豚である、ランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種の系統豚(※2)を、全国で唯一、独自に改良し、県内の農家に提供しています。

“愛とん”は本県が改良した3品種の系統豚を交配して生産された豚肉の愛称で、愛知県が誇る豚肉として普及、PRを行っています。

(※1)三 元 豚:3つの品種の豚を交配して生産された豚です。このように掛け合わせることで、常に安定した品質のものを生産できます。

(※2)系 統 豚:遺伝的に似通った斉一性の高い、相互に一定以上の血縁関係を持った集団に属する豚です。

問合せ

愛知県 農林水産部 畜産課 競馬グループ
担当 : 田中・鈴村
電話 : 052-954-6466

第59回東海菊花賞副賞は愛とんを贈呈します [PDFファイル/268KB]

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

他の画像