ジュニア・アスポート事業で新たに蓮田教室を開始しました! 困窮世帯の小学生向け学習・生活支援教室の増設

2018/12/06  埼玉県庁 

発表日:2018年12月6日14時

ジュニア・アスポート事業で新たに蓮田教室を開始しました! 困窮世帯の小学生向け学習・生活支援教室の増設

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:医療保護・生活困窮者支援担当
担当者名:堂園、関根

内線電話番号:3287
直通電話番号:048-830-3271
Email:a3270-09@pref.saitama.lg.jp

県では、本年7月から6市町でモデル的にジュニア・アスポート事業を実施しています。

この事業は、貧困の連鎖の解消に向け、困窮世帯の小学生を対象に、学習支援に加え、生活、体験活動、食育などを総合的に支援するものです。

この度、新たに蓮田市内でも教室を開くことになりました。

これまで、教室の運営に当たり、多くの皆様から食材等の御寄附やボランティア活動等の御協力をいただいております。子供達は、教室の開催を楽しみに、毎回笑顔で通っています。引き続き、地域の方々や企業の皆様の温かい御支援をお願いします。

1 モデル事業実施市町

平成30年12月開始 蓮田市

平成30年7月開始済み 本庄市、狭山市、新座市、富士見市、宮代町、杉戸町

※宮代町と杉戸町は合同で実施

2 教室内容

(1)対象者 困窮世帯の小学3年生~6年生

(2)日数 週3日

(3)定員 1教室30名(市町ごとに1教室)

(4)場所 公共施設等

(5)運営団体 一般社団 法人彩の国子ども・若者支援ネットワーク

3 ボランティア等の御協力

この事業では学習支援や食事の提供、体験活動などを総合的に行うため、食材の調達や職業体験のできる場所の提供、ボランティアとしての参加など地域の皆さんや企業の方々の幅広い御協力が必要です。

事業に御協力いただける方、興味のある方は、担当課まで御連絡ください。

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る