マサチューセッツ工科大学が立ち上げる事業共同体への参加に関するお知らせ

2018/12/06  株式会社 ミマキエンジニアリング 

2018 年 12 月6日
各 位
株式会社ミマキエンジニアリング
代 表 取 締 役 社 長 池 田 和 明
(コード番号:6638 東証第一部)
問 い 合 わ せ 先 取 締 役 管 理 本 部 長 三 宅 洋
電 話 番 号 : 0 2 6 8 - 8 0 - 0 0 5 8

マサチューセッツ工科大学が立ち上げる事業共同体“ADAPT”への参加に関するお知らせ

当社は、米マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が立ち上げる事業共同体“ADAPT (Additive and Digital Advanced Production Technologies)”に創立メンバーとして参加いたしますので、別紙のとおりお知らせいたします。

以上

ニュースリリース
2018 年 12 月 6 日

マサチューセッツ工科大学が立ち上げる事業共同体
“ADAPT”への参加に関するお知らせ
ミマキ3D プリンタを研究室に設置し付加製造技術研究の一助に


株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、米マサチューセッツ工 科 大 学 ( 以 下 MIT ) が 立 ち 上 げ る 事 業 共 同 体 “ADAPT (Additive and Digital Advanced Production Technologies)”に創立メンバーとして参加いたします。

“ADAPT”は、MIT で製造/生産の研究室を率いる John Hart 教授が指揮・監督する事業共同体です。先進的な付加製造業の産業支援を目的として、3D プリンタ等の AM(※1)技術を基礎とした次世代製造技術の研究と教育を行います。

※1: AM(additive manufacturing)、積層方式の 3D プリンタ等、材料を付加しながら造形する製法

「この度、当社の UV フラットベッドプリンタ UJF-7151 plus と 3D プリンタ 3DUJ-553 を MIT 内に設置し、AM 関連の授業や研究活動をサポートさせていただくことになりました。
今後も、John Hart 教授の目指す AM 技術とデジタル生産の融合と進化という ADAPT のビジョン達成に向けて、当社のインクジェット技術とマス・カスタマイゼーション印刷ソリューションで貢献してまいります。また、ADAPTの活動を通して得られる相乗効果を、今後の製品開発にフィードバックさせていこうと考えております。その意味で、当社が MIT の ADAPT 創立メンバーに選ばれたことは大変光栄です。」
(株式会社ミマキエンジニアリング 営業本部長/羽場 康博)

“ADAPT”創立メンバーは、2018 年 11 月にドイツのフランクフルトで開催された最先端技術の国際見本市Formnext で発足会を行い、2019 年春に MIT で再び会合の予定です。

ADAPT 創立メンバー
ArcelorMittal/Autodesk/BigRep gmbh/Dentsply-Sirona/Electro-Optical System/Formlabs/General Motors/ MIMAKI ENGINEERING/Protolabs/Renishaw/Robert Bosch gmbh/Volkswagen AG

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1654344

関連業界