2018年度世界遺産講演会を開催します

2018/12/07  三重県庁 

平成30年12月07日

平成30年度世界遺産講演会を開催します

三重県教育委員会は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」について、県民の皆さまにその価値や活用について広く知っていただくため、講演会を次のとおり開催します。
今回は「熊野参詣道伊勢路」の七里御浜について、その歴史や背景について講演し、世界遺産の保存や活用について考えます。

1日時
平成30年12月16日(日)13時30分から15時00分まで(13時00分受付開始)
2場所
御浜町役場 3階 くろしおホール(南牟婁郡御浜町大字阿田和6120-1)
3定員
先着100人(入場無料、事前予約不要)
4内容
・講師 伊藤文彦 (三重県埋蔵文化財センター)
・演題 「七里御浜はいかにして巡礼道になったのか~世界遺産の全容を紐解く~」
・内容 熊野参詣道伊勢路のうち、唯一浜辺を通る七里御浜について、江戸時代の日記や案内本から、
その歴史や背景について紐解きます。
5主催者
三重県教育委員会・三重県世界遺産保全推進協議会
6その他・特記事項
問い合わせ先 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
記念物民俗文化財班 新名・山本・小濵
電話:059-224-3328 FAX:059-224-3023
e-mail:shabun@pref.mie.jp

七里御浜(松本峠より)

地図情報

他の画像