【近代美術館】所蔵作品展の展示作品が替わります

2018/12/07  徳島県  

【近代美術館】所蔵作品展の展示作品が替わります 2018年12月7日

所蔵作品展は、県立近代美術館が所蔵する作品を、「特集」「20世紀の人間像」「現代版画」「徳島ゆかりの美術」の4つのコーナーを設けて紹介している展覧会です。

現在開催中の第2期の展示は12月2日(日曜日)で終了。3日~7日は展示替作業のため休館し、12月8日(土曜日)から第3期の展示が始まります。

なお、2月26日(火曜日)から一部展示作品が替わります。

1 名称

所蔵作品展 徳島のコレクション2018年度第3期

2 会期

平成30年12月8日(土曜日)~ 平成31年4月14日(日曜日)

作品保護のため、会期中に一部展示作品の入れ替えを行います。

3 会場

県立近代美術館2階 展示室1・2、屋外展示場、美術館ロビーほか

4 主催

徳島県立近代美術館

5 内容

第3期は、特集コーナーで「シルエット」を開催します。シルエットは、輪郭の内側を単色で塗り込んだかたちで、影や輪郭そのものもシルエットと言われるようになります。人の影や輪郭が強調された作品から、高松次郎の、アントニー・ゴームリーのを展覧します。

「20世紀の人間像」では大正時代に生まれた作家たちの作品を中心に様々な人間表現を、「現代版画」は身近なものをテーマにご紹介します。「現代版画」は次の期間ごとに展示作品が替わります。

身近なものを1 12月8日(土曜日)-1月14日(月曜日・祝日)

身近なものを2 1月16日(水曜日)-2月11日(月曜日・祝日)

身近なものを3 2月13日(水曜日)-3月17日(日曜日)

身近なものを4 3月19日(火曜日)-4月14日(日曜日)

展示作品数は延べ134点を予定しています。

6 開館時間

午前9時30分~午後5時

7 休館日

毎週月曜日(12月24日、1月14日、2月11日を除く)、12月25日(火曜日)、年末年始(12月29日~1月4日)、1月15日(火曜日)、2月12日(火曜日)

8 観覧料

一般200円/ 高校生・大学生100円/ 小学生・中学生50円

※20名以上の団体は2割引
※65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示いただいた方は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示いただいた方とその介助をされる方1名は無料
※小学生・中学生・高校生は、土曜日・日曜日・祝日・振替休日及び冬休み、春休みは無料
※大学生・一般は、祝日・振替休日は無料

9 関連事業

展示解説「徳島のコレクション」

開催日:12月 9日(日曜日) 解説者:吉川神津夫(上席学芸員)
時間:午後2時~2時45分
場所:展示室1
内容:作品の見どころを紹介します
申込:不要

展示解説「シルエット」

開催日:
1月20日(日曜日) 解説者:吉原美恵子(上席学芸員)
3月3日(日曜日) 解説者:吉原美恵子(上席学芸員)
時間:午後2時~2時45分
場所:展示室1
内容:作品の見どころを紹介します
申込:不要

こども鑑賞クラブ「アートの名探偵」

日時:3月2日(土曜日)午後2時~2時45分
場所:展示室1
講師:近代美術館スタッフ
参加対象:小学生(保護者同伴可)
申込:当日、午後2時までに2階近代美術館ロビーにて受付

広報用画像の提供

展覧会の広報用として、次の作品の画像を提供できます。必要な場合はご連絡ください。

提供方法は、画像データの提供となります。使用にあたっては、「作者名」、「作品名」、「徳島県立近代美術館蔵」の3点を明示していください。

作者名:アントニー・ゴームリー(あんとにー・ごーむりー)
作品名:天使の器II(てんしのうつわII)
制作年:1989年
技法材質:石膏、ファイバーグラス、鉛、鋼鉄、空気
所蔵:徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館のホームページ (外部サイト)

文化の森 徳島県立近代美術館